児童書

梨木香歩『岸辺のヤービ』

子どもから大人まで楽しめる1冊。岸辺で出会った小さなクーイ族の男の子・ヤービの物語。
テーマ特集

おすすめ夏に読みたい本20冊

高学年・中学生・高校生・10代の少年少女におすすめ本を紹介する【BOOKS雨だれ】より、夏に読みたいおすすめ本20冊を紹介します。
児童書

きみがいてくれた3人のあの夏~戸森しるこ『ぼくたちのリアル』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】スポーツも勉強も得意なリアルとぼくは家がとなり同士の幼馴染。そこに転校生のサジが加わり…3人の小5男子たちの物語。講談社児童文学新人賞受賞
児童書

この夏、あの子と仲良くなりたい~朝日奈蓉子『わたしの苦手なあの子』

【小学校高学年の女の子におすすめの本】そっけなくてちょっと苦手なあの子と夏休みに仲良くなりたい!女の子の友情ストーリーを描く。
YA文学

朽木祥『風の靴』~海へひと夏の冒険

【小学校高学年から中学生におすすめの本】夏の冒険小説。海が好きな人、家出したい人に、読書感想文にもおすすめです。第57回産経児童出版文化賞大賞受賞作
YA文学

森浩美『夏を拾いに』

ギンギンに照りつける太陽、背丈ほども伸びた夏草のむんとする匂い、蝉の大合唱が聞こえてくる、「夏」な一冊。読み終えた後、きっと自分の「夏」を探しに外に飛び出したくなるはず。
児童書

笹生陽子『ぼくらのサイテーの夏』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】小学6年生の夏、プール掃除で過ごすことになった僕(しかも骨折している)と栗田(不愛想)のひと夏のストーリー。読書感想文にも人気です。
YA文学

椰月美智子『しずかな日々』

何気ない日々の愛おしさを描いた静かで優しい物語。かけがえのないひと夏が少年たちを成長させてくれます。