社会のおすすめの本

石井光太『蛍の森』

ノンフィクション作家・石井光太がハンセン病や差別をテーマに描いた『蛍の森』。胸が押しつぶされるような苦しさの中で「人間として生きる」ことを問う。そして、私たちにできることとはなにか。