千原ジュニア『14歳』~パジャマの少年の自伝的小説

千原ジュニア『14歳』
【BOOKS雨だれ】中学生におすすめ50冊!
千原ジュニアの自伝的小説
引きこもりたい人・お笑いが好きな人に
スポンサーリンク

パジャマを着た少年の自伝書

これは、ある14歳の物語。
パジャマを着た少年の、 僕自身の物語。

僕はもう何ヵ月も鍵をかけた部屋に閉じこもり、パジャマのまま暮らしている。

吉本興業所属、実兄・千原靖史とのお笑いコンビ”千原兄弟”の千原ジュニア。ちょっと毒舌でひねりのきいたしゃべりが小気味よく、頭の回転の速さもうかがえる著者のリアルな14歳をつづった自伝的小説。

少年は、誰をも受け入れず、そうすることで自分とだけ向かい合う。

探しているのは”自分”であって、決して自分を入れておくのに都合のいい器ではないということなのだろう。

僕は走らなかった。

僕が走らなければいけないコースは、そのコースじゃないと想ったから。

僕が走らなければいけないコースは、違うどこかにあるはずだと想ったから。

僕がいまするべきことは僕が走らなければならないレース場を探すことだと想ったから。

そのレース場がどこにあるのかなんてまったく解らないけれど。

 

やがて、少年は自分で鍵を開けて外の世界へと再び踏み出します。

兄と一緒に。これは、みんなも知っている「千原兄弟」のはじまりの物語でもあります。

 

いま、自分がしたいことがわからずに悩んでいる人、何かを見つけたくてもがいている人、きっと共感できる部分があると思います。

あなたにも、きっと、何かが見つかることを祈っています。

 

それから、引きこもりの家族を心配しているおうちの方にも読んで欲しい。

彼らもまた、大きな迷いの中にいてその扉を開ける鍵は彼ら自身が持っている、としか言えないような気がします。

あなたにおすすめブックリスト

コメント