ファンタジーは苦手な人にも!国際アンデルセン賞作家・上橋菜穂子のおすすめ本

国際アンデルセン賞を受賞した児童文学作家・上橋菜穂子さん。

おすすめは、小学校高学年からおすすめのファンタジー小説。

ふだんはファンタジーは苦手という人も惹きこまれてしまうはず。

中高生にもぜひ読んで欲しいおすすめの本を紹介します。

国際アンデルセン賞作家・上橋菜穂子

上橋菜穂子さんは1962年7月15日、東京都生まれ。お父さんは画家の上橋薫さん。2014年には「児童文学への永続的な寄与」に対する表彰として贈られる国際アンデルセン賞作家賞を受賞。「小さなノーベル賞」とも言われるほど影響力があるとされるこの賞。上橋菜穂子さんの物語が世界中の子どもたちに親しまれているということですね。ちなみに国際アンデルセン賞を受賞した日本人はもう一人います。

まどみちおさんです(*´ω`*)

児童文学作家として活躍する上橋菜穂子さんですが、文化人類学者でもあります。専攻はオーストラリアの先住民アボリジニ。現在は、川村学園女子大学特任教授をされています。

ファンタジーはあまり読まないという人や大人も虜にしてしまう上橋菜穂子さんの物語の秘密は、背景に文化人類学者として学んだ経験があるからからかもしれませんね。

「守り人」シリーズ

女用心棒のバルサは、新ヨゴ皇国の第二王子チャグムの命を偶然に助けたことがきっかけで、チャグムの用心棒となる。チャグムはその身に宿し不思議な「精霊の卵」。それはヨゴ皇国の未来を動かすカギであり、人間の住む世界「サグ」と精霊の住む「ナユグ」をつなぐ壮大な物語のはじまりとなるー。

児童文学では珍しくアラサーのシングル女子が主人公。これが中学生も高校生も大人もハマる秘密その1です。ファンタジーはあまり読まないという人にこそ手に取って欲しい。ロールプレイングゲームが好きな人にも。第23回路傍の石文学賞ほか多数受賞。2016年には、NHKで大河ファンタジーとしてシリーズがドラマ化放映されています。
小学校高学年からおすすめ。
*レビューはこちら*
◇シリーズ◇
『精霊の守り人』/『闇の守り人』/『夢の守り人』/『虚空の旅人』/『神の守り人』/『蒼路の旅人』/『天と地の守り人』/『流れ行く者 守り人短編集』/『炎路を行く者 守り人作品集』

獣の奏者

(BOOKデータベースより)リョザ神王国。闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。母の不思議な指笛によって死地を逃れ、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得たエリンは、母と同じ獣ノ医術師を目指すが―。苦難に立ち向かう少女の物語が、いまここに幕を開ける。

NHKアニメ「獣の奏者エリン」の原作としても人気です。

鹿の王

(BOOKデータベースより)強大な帝国・東乎瑠にのまれていく故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団“独角”。その頭であったヴァンは奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるが―!?厳しい世界の中で未曾有の危機に立ち向かう、父と子の物語が、いまはじまる―。

2015年本屋大賞受賞で大きく話題となりました。単行本で上下巻、文庫本で全4巻のボリュームですが、物語の世界に引き込まれて一気読みでした。自然の中で人としてどう生きるか、考えさせられます。

狐笛のかなた

狐笛のかなた (新潮文庫) posted with ヨメレバ 上橋 菜穂子 新潮社 2006-11-28 ...
(内容商品)小夜は12歳。人の心が聞こえる〈聞き耳〉の力を亡き母から受け継いだ。ある日の夕暮れ、犬に追われる子狐を助けたが、狐はこの世と神の世の〈あわい〉に棲む霊狐・野火だった。隣り合う二つの国の争いに巻き込まれ、呪いを避けて森陰屋敷に閉じ込められている少年・小春丸をめぐり、小夜と野火の、孤独でけなげな愛が燃え上がる……愛のために身を捨てたとき、もう恐ろしいものは何もない。

私にとってファンタジーのイメージを新たにしてくれた、上橋菜穂子さんの初読み作品です。ファンタジーでありながら、小夜と野火の切ない恋愛物語でもあります。だからでしょうか、大人の女性の方に「これよかった」という感想が多め( *´艸`)。

エッセイ『物語ること、生きること』

作家・上橋菜穂子さんの物語のみなもとがわかるエッセイ。幼いころから好きだった物語の世界、物語をつむぐこと、そして、物語が私たちに与えてくれるものとはなにか。

関連サイト

◇上橋菜穂子さん公式サイト
上橋菜穂子 公式サイト 「木漏れ陽のもとで」

スポンサーリンク

フォローする