森絵都『宇宙のみなしご』

高学年から中学生におすすめ
野間児童文芸新人賞受賞

学校や毎日が、なんだかつまらない。

そんな風に感じることはないだろうか。

陽子は14歳、衝動的でせっかちな性格。ひとつ年下の弟・リンは、陽子とは正反対のおだやかな性格の弟。子どもの頃のふたりは、自分たちでおもしろいことを見つけて楽しめた。

楽しみにしていた中2の夏休みもあっけなく終わってしまったし、2学期がはじまったら担任だったすみれちゃんは、教師を辞めてインドへ行ってしまった。学校もなんだかすっかりつまらなくなった。なんだかいやになって登校拒否をしたけれど、それも長くは続かなくて、2週間後には学校に行き始めた。

なんだか毎日がつまらない。

陽子は、ある夜、リンととびきりのおもしろいことを見つけた。それは深夜の散歩。それも、屋根の上を歩くのだ。真夜中の屋根のぼりは、陽子とリンの秘密の遊びだったが、やがて、思いがけない仲間が加わって、不思議な夜の散歩が始まる。

まわりと同じように「いま」を楽しめなかったり、夢中になるものが見つけられなかったり、陽子は「みんなとは違う自分」に気づく。その自分をどうしていいのかわからずに悶々とし、なにかを探そうとする姿が前向きにたくましく描かれています。

孤独を恐れず向い合った陽子が最後に手に入れたのは「だれもがひとり」なのだということ。

(本文より)
わたしだって知っていた。いちばんしんどいときはだれでもひとりだと知っていた。だれにもなんとかしてもらえないことが多すぎることを知っていた。だからこそ幼い知恵をふりしぼり、めちゃくちゃでもやりたいようにやってきた。小人たちの足音に耳をすまして、自分もいっしょに走ろうと、走りつづけようと、やってきた。

「いちばんしんどいときはだれでもひとり」

ひとりの孤独を知る人だから、だれかを支えることができる大人になれるのだと、思うのです。

スポンサーリンク

ブックデータ(受賞歴など)

第33回(1995年)野間児童文芸新人賞受賞

私立中学校国語入試問題に出典

【2018年】かえつ有明中学校

あなたにおすすめブックリスト

コメント