江國香織『綿菓子』

小学校高学年から読める
江國香織の小さな恋愛小説

*もくじ*

綿菓子/絹子さんのこと/メロン/昼下がり、お豆腐のかど/手紙/きんのしずく

***

 

お姉ちゃんがお嫁にいった。 次郎くんは3年間もお姉ちゃんのボーイフレンドだったのに、お姉ちゃんは急にお見合いをして、それから半年もしないうちに結婚してしまったのだ。

次郎くんに密やかな恋心を抱くみのりは、次郎くんがもううちに遊びに来ないことが寂しい。

「愛する人のそばがいちばん」とおばあちゃんは言うけれど、みのりはもう次郎くんのことなんか忘れてしまったようなお姉ちゃんの気持ちがわからないし、お母さんだってお父さんと結婚しているけれど、それが「いちばん」なのかどうかはわからない。

絹子さんがおじいちゃんの恋人だったと、おばあちゃんは言った。おばあちゃんと絹子さんは大の仲良しだったのに。どうしてだろう。

結婚することと恋をすることは違うのかもしれない。

そして、それは大人になることと似ている。

そして、潔くこう誓うのだ。

「結婚じゃなく、はげしい恋に生きよう」と。

 

「恋ってなんだろう」小学生から中学生になるまでのみのりの爽やかで清々しい目線で描かれる日常。

スポンサーリンク

はじめての江國香織にも

小学校高学年から読めます。

はじめて江國香織さんの本を読む人にもおすすめです。

きっと、読む年齢によって感じ方が違うでしょう。

この本もおすすめです

胸がきゅんと切なくなる!おすすめ青春恋愛映画の原作本10冊
恋愛映画は好きですか?中学生・高校生におすすめの胸がきゅんと切なくなる恋愛映画の原作小説を紹介します。

コメント