日本の中学生・高校生にも読んで欲しい全米アレックス賞の15冊

アメリカ・全米図書館協会が一年に一度選ぶ、12歳から18歳までのヤングアダルトに特に薦めたい大人向けの本10冊。海外の10代はどんな本を読んでいるのでしょう。
受賞作は、小説としてのエンターテイメント性だけでなく、平和や人種問題など社会的なテーマを取り上げた作品も多く、現実をどう捉えどう向き合うか考えるきっかけになります。日本の中学生・高校生にもぜひ読んでほしい作品をセレクト。

スポンサーリンク

『解錠師』スティーヴ・ハミルトン

8歳の時、ある事件のトラウマか言葉を話さなくなった少年。あるきっかけから金庫破りの世界に足を踏み入れてしまう。芸術的な解錠技術で魅せる華麗な仕事さばきと、だれとも共有できない強い孤独、そしてアメリアとのはじめての恋…。犯罪に手を染めざるを得ない少年の切ない孤独に迫る青春ミステリー。
2011年アレックス賞受賞。日本版「このミステリーがすごい!2013年版海外編」を受賞するなど、海外でも数々のミステリー賞を受賞した話題作。

『テロリストの息子』ザック・エブラヒム

父親がテロリスト、そんな状況を冷静に受け止められる人はいるだろうか。1993年、投獄中の父親がNY世界貿易センターの爆破を計画・実行した。親の犯罪のよる差別と苦しみから、息子である著者は自分の世界をどう選択するのか。アメリカ、中東、世界のいまを知る手掛かりにもなる。2015年アレックス賞受賞。

『ブレイキング・ナイト ホームレスだった私がハーバードに入るまで』リズ・マレー

(内容紹介)薬物中毒の両親、貧困、いじめ、矯正施設収容、家庭崩壊…そして私は、15歳でホームレスになった。生き抜くことだけで、精一杯だった。全米のメディアが報じた驚きと感動のリアルストーリー。

2011年アレックス賞
日本でもテレビ番組で取り上げられて話題となったリズ・マレーの自伝です。生まれながらに貧しく恵まれない環境で育ったリズの毎日は、生きるために精一杯。やがてアパートを追い出されホームレス生活をしながら高校に通い猛勉強して、ハーバード大学へと進みます。あらすじだけ読むとまるでシンデレラストーリーですが、10代の少女が耐えるにはあまりにも過酷な状況です。自分の人生を自分で切り開いた彼女の意志の強さに心を打たれます。

『風をつかまえた少年』ウィリアム・カムクワンバ

(内容紹介)アフリカの最貧国、マラウイを襲った食糧危機。食べていくために、学費が払えず、著者は中学校に行けなくなった。勉強をしたい。本が読みたい。NPOがつくった図書室に通うぼくが出会った一冊の本。『風力発電』。風車があれば、電気をつくれる。暗闇と空腹から解放される。―そしてマラウイでは、風は神様が与えてくれる数少ないもののひとつだ。

『スティッチ あるアーティストの傷の記憶』デイビッド・スモール

「声帯を失った私は、声がないということは存在しないのと同じことなのだと知った。」
アメリカで高い評価を得るイラストレーター、デイビッド・スモールの回顧録。
家族の不和により沈黙を迫られ、また癌の治療によって声帯を失った作者が、アートという自分の「声」を得て過去に区切りをつける。

『戦場から生きのびて』イシメール・ベア

2008年アレックス賞。

内容紹介)ぼくの現実はいつも「殺すか殺されるかだった」。12歳からアフリカの激しい内戦を戦った少年兵士が立ち直る衝撃的な体験の物語。

『卵をめぐる祖父の戦争』デイヴィッド・ベニオフ

(内容紹介)「ナイフの使い手だった私の祖父は十八歳になるまえにドイツ人をふたり殺している」作家のデイヴィッドは、祖父レフの戦時中の体験を取材していた。ナチス包囲下のレニングラードに暮らしていた十七歳のレフは、軍の大佐の娘の結婚式のために卵の調達を命令された。饒舌な青年兵コーリャを相棒に探索を始めることになるが、飢餓のさなか、一体どこに卵が?逆境に抗って逞しく生きる若者達の友情と冒険を描く、傑作長篇。

日本でも読めるアレックス賞

わたしも未読の作品、自分用の読書メモを兼ねて。

2018年
ショーニン・マグワイア 『トランクの中に行った双子』

2017年
ショーニン・マグワイア『不思議の国の少女たち』
マット・サイモン『たいへんな生きもの――問題を解決するとてつもない進化』

2016年
タナハシ・コーツ 『世界と僕のあいだに』

2015年
アンソニー・ドーア 『すべての見えない光』
アンディ・ウィアー 『火星の人』
ザック・エブラヒム 『テロリストの息子』

2014年
リサ・オドネル 『神様も知らないこと』

2013年
ロビン・スローン『ペナンブラ氏の24時間書店』

2012年
エリン・モーゲンスターン 『夜のサーカス』
アーネスト・クライン 『ゲームウォーズ』
ダニエル・H・ウィルソン 『ロボポカリプス』

2011年
リズ・マレー 『ブレイキング・ナイト ホームレスだった私がハーバードに入るまで』
スティーヴ・ハミルトン 『解錠師』
エイミー・ベンダー 『レモンケーキの独特なさびしさ』
エマ・ドナヒュー『部屋』

2010年
ウィリアム・カムクワンバ『風をつかまえた少年 14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった』
デイヴィッド・フィンケル 『兵士は戦場で何を見たのか』
デイヴィッド・スモール『スティッチ あるアーティストの傷の記憶』
ケヴィン・ウィルソン『地球の中心までトンネルを掘る』

2009年
デイヴィッド・ベニオフ 『卵をめぐる祖父の戦争』
スティーヴン・キング 『夜がはじまるとき』 『夕暮れをすぎて』

2008年
イシメール・ベア 『戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった』
ロイド・ジョーンズ『ミスター・ピップ』

2007年
マイケル・ルイス 『ブラインド・サイド しあわせの隠れ場所』

2006年
カズオ・イシグロ 『わたしを離さないで』

2005年
ロバート・カーソン『シャドウ・ダイバー――深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち』
ジョディ・ピコー 『わたしのなかのあなた』
ジム・シェパード『14歳のX計画』

2004年
マーク・ハッドン 『夜中に犬に起こった奇妙な事件』
マーク・サルツマン『プリズン・ボーイズ――奇跡の作文教室』

2003年
パット・コンロイ『失われた季節』
ジュリー・オオツカ 『あのころ、天皇は神だった』

2002年
ジェラルディン・ブルックス 『灰色の季節をこえて』
2001年
トレイシー・シュヴァリエ『真珠の首飾りの少女』

受賞作
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
**フォローする**
この本の担当者
ゆう

ぶっくす雨だれの店主。
好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
ブックス雨だれ

コメント

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。
 

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。