スティーヴ・ハミルトン『解錠師』~天才金庫破りの切ない恋の物語

『解錠師』
  • 天才的な金庫破りと呼ばれた青年の過去
  • 悲しい生い立ちと切ない恋の物語
  • 全米アレックス賞受賞10代におすすめ海外小説
スポンサーリンク

本の紹介

1990年夏、ある事件から奇跡的に生き残った彼は”奇跡の少年”と呼ばれた。

その事件の悲惨さから、人々は彼を憐れみ、彼の幸せを祈った。

少年はその時、まだ8歳だった。

あの時、少年が見た事件の真相とはどんなものだったのか。

その時、少年はどんな恐怖を感じたのか。

だれもが彼から事件のことを聞きたがったが、少年は口を開こうとはしなかった。

いや、できなかった。

8歳のあの時から、少年は口がきけなくなった。

これは、ある事件と関りをもつ、ひとりの少年の悲しい人生の記録であり、彼のすばらしき恋愛の物語である。

8歳で家も親も失った少年は、伯父のリートに引き取られ育てられた。少年が錠に興味を持ったのは、ほんのささいなきっかけだった。

少年は用なしになった古びた錠を分解し、錠のしくみを知った。

やがてやがて解錠師(ロックアーティスト)と呼ばれる金庫破りの、これがはじまりだった。

少年がのめりこんだのは、鍵を開けることと絵を描くことだった。

心に大きな傷を抱えひとりぼっちだった少年は、

絵を描くことで彼は自分の心を伝え、

鍵を開けることで、彼は自分の心を解放した。

ふたつの才能は、言葉を話さない少年にとって、自分とだれかをつなぐ大切な存在となった。やがて、少年は最愛の人・アメリアと出会い、ふたりは恋に落ちるのだが…。

幸せが近づいたと思った少年に、鍵開けのテクニックを悪用しようとするものが迫っていた…。

はじめて金庫破りをした1999年と叔父に育てられてからの1991年、時間を行ったり来たりしながら、少年が語る物語。
彼が金庫破りをはじめた理由。
犯罪の世界から抜けだすことのできなかったわけ。
物語が語るのは、少年が言葉にしなかったいくつもの思い。

マイクの解錠テクニックのすばらしさ、アメリアとの恋の行方、そして、物語がすすむにつれて見えてくるあの事件。幼いころのトラウマから逃れることのできない苦しさと、お互いに思い合いながらも一緒にいることのできない切ない恋心、さまざまな色を見せてくれるドラマティックな物語です。

受賞歴など

国内、海外のミステリ賞を多数受賞、ノミネートなど、10代から大人までおすすめの切ない青春ミステリー小説。

2011年全米図書館協会が12歳から18歳までのヤングアダルトに特に薦めたい大人向けの本10冊であるアレックス賞受賞
このミステリーがすごい! 2013海外編
週刊文春海外ミステリーベストテン海外部門第1位
エドガー賞長編賞受賞
アンソニー賞 長編賞、CWAゴールド・ダガー賞、バリー賞 長編賞などノミネート

本をチェックする

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
スティーヴ・ハミルトン (著), 越前敏弥 (翻訳)

文庫: 571ページ
出版社: 早川書房
発売日: 2012/12/9

この本もおすすめ

文芸(一般)
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント