梨屋アリエ『夏の階段』

梨屋アリエ『夏の階段』
  • 中学生の女の子におすすめ
  • 朝読書にもぴったりの連作短編

大人と子供のはざまを行ったり来たりしながら、不器用に、でもまっすぐ進んでいく5人の高校生の連作短編。

スポンサーリンク

新しい季節のはじまり

お気に入りは「雨の屋上」
読み終えた後は、まさに、雨上がりの水たまりにうつる太陽の反射のように、まぶしくて清々しい気分になります。
「雲の規格」には、著者のデビュー作「でりばりぃAge 」の登場人物も出てきますよ。合わせて読んでみて。
入学式を待つ間の春休みに読みたいなぁ。

 希望に胸ふくらませて入学した高校。
でも新しいクラスメイトとは、まだまだ微妙な関係で―
地方都市の進学校・巴波川高校、通称ウズ高を舞台に、5人の高校生が織りなす、恋と友情、未来への葛藤。
ほんのり甘く切ない5つの連作短編。

ブックデータ

ポプラピュアフル文庫もありますが、単行本の表紙が好きなのです。

▶梨屋アリエの本をチェックする

あわせて読みたい

文芸(YA)
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント