小説(一般)

西加奈子『きりこについて』〜ぶすも女子も抱えて生きる

小説(一般)

青山美智子『お探し物は図書室まで』〜有能な司書は人生のヒントを見つける能力がある

小説(一般)

凪良ゆう『流浪の月』~中途半端な理解と優しさでわたしはもう窒息しそうだ

スポンサーリンク
小説(一般)

中山七里『護られなかった者たちへ』〜どうか声をあげてください、もっと大きく図太く

小説(YA)

ソン・ウォンピョン『アーモンド』~感情も共感も僕には文字の組み合わせに過ぎない

小説(YA)

白河三兎『ふたえ』~ぼっちたちはひとりでいられる強さを秘めている

小説(一般)

瀬尾まいこ『優しい音楽』〜これから訪れる出会いがきっと楽しみになる

小説(YA)

青崎有吾『早朝始発の殺風景』~青春は、気まずさでできた密室なんだ

小説(一般)

辻村深月『スロウハイツの神様』~それでも僕は、まだこれを書いている

小説(一般)

ロバート・ハインライン「夏への扉」

小説(一般)

ジョージ・ソーンダース『短くて恐ろしいフィルの時代』

小説(YA)

天童荒太『包帯クラブ』~名前がつけられたんだよ<傷>だって

小説(一般)

ジョディ・ピコー『わたしのなかのあなた』