戦争と平和について考える本を読みたい方へ

児童書

縞模様のパジャマの少年ーThe Boy in the Striped Pyjamas

絵本

ジャン・ジオノ『木を植えた男』~荒れ地をひとりでよみがえらせる

文芸(YA)

朽木祥『八月の光・あとかた』~原爆を生き抜いた人たちに物語がある

スポンサーリンク
テーマ特集

【ブックリスト】10代に伝えたい戦争小説~海外文学編

テーマ特集

【ブックリスト】10代に伝えたい戦争の小説~日本文学編

ノンフィクション

平和のバトンをつないで―広島と長崎の二重被爆者・山口彊さんからの伝言

ノンフィクション

中沢啓治の自伝的ノンフィクション『はだしのゲンわたしの遺書』

文芸(一般)

水野宗徳『さよなら、アルマ 戦場に送られた犬の物語』

文芸(一般)

美甘章子『8時15分 ヒロシマで生きぬいて許す心』

児童書

岡田依世子『霧の流れる川』~戦時中の花岡事件をモチーフ

ノンフィクション

『奇跡のプレイボールー元兵士たちの日米野球』~武器をバッドとグローブに持ちかえて

ノンフィクション

川嶋康男『永訣の朝~樺太に散った九人の逓信乙女』~真岡郵便局の少女たちの悲劇

ノンフィクション

山口淑子『李香蘭 私の半生』

スポンサーリンク