ジャクリーン・ウィルソン「タトゥーママ」

『タトゥーママ』
  • 小学校高学年から中学生向け
  •  困ったママに手を焼いている人に
  •  ガーディアン賞受賞作
スポンサーリンク

ママは特別な存在

子どもにとってママは特別な存在。
ママだってむかしは子どもだったはずなのに、どうしてそのことを簡単にわすれちゃうんだろう。

マーガレットは、スターとドルフィンのママ。オレンジのロングウェーブに緑色の目、そして全身には色とりどりのタトゥー。お酒とパーティーが大好きで、仕事はしてないみたい。落ち込んだかと思うと、急に陽気でハイテンションになったり、たまにおかしくなったりする。クラスメイトのママたちとはちょっと違うけれど、そんなマーガレットのことがドルフィンは大好き。

でも最近、お姉ちゃんのスターはママのことが好きじゃないみたい。楽しかったはずの3人の生活が少しづつ変わり始めて……。

とにかくママが大すき♪なドルフィンの目線で毎日の生活は楽しく陽気に描かれるが、心のバランスを崩してしまったママ・マリーゴールドと子どもたちとの生活は、深刻な状況に置かれている。

マリーゴールドの姉・スターは、そんなママを客観的に捉えている。

ある夜、マリーゴールドは、スターの父親に会えるかもしれないと言ってコンサートに出かけるが、その時の、スターはドルフィンにこんな風に語る。

「十二時まえに帰る、だって。スターはつぶやいた。「まるでシンデレラきどり。ろくでもない王子さまをさがしてね。」

それから、父親に会いたくないの?と尋ねるドルフィンにスターはこう答える。

「なんて父親なの、とはいってやりたいけどね。マリーゴールドをすてて、おかしくさせちゃって。」スターはことばを切った。

「マリーゴールドはほんとに頭がへんだよ。」

「そこまでへんじゃないよ。だって、べつにおかしいようには見えないし、声がきこえたりするわけじゃないし、自分をポカホンタスだとかダイアナ妃だとも思ってないよ。いろんなことを想像するのが得意なだけで。」

「お金を持っていないのに、たくさんつかうのも得意よね。飲んだくれるのも得意。とんでもないことを思いつくのも得意。あんたに自分のことを『すばらしいオカアチャマ』だと思わせるのも得意。」

「そりゃそうだけど、マリーゴールドはやっぱりスターのことがいちばん好きなんだよ。いまみたいにひどい態度をとってたって。私たちの両方を同じように愛してるけど、お姉ちゃんは特別なの、ミッキーの子どもだから。わたしもミッキーのこどもだったらよかった。マリーゴールドは、わたしのお父さんのことはなんにも話してくれない。思いだしもしないみたい。記念のタトゥーさえ、彫ってないんだもん。」

ママが大好きだけれどどうしていいかわからない気持ち、自分がママ(誰か)にとって大切な存在でありたいと思う気持ち、それから自分を見失いそうになってどうしていいかわからないマーガレットのようなママの気持ち、いろんな気持ちが見えて切ない。さらりと読めて、切なさがせまる物語。

それぞれの章のタイトルが、マーガレットの体に刻まれたタトゥーの名前になっているのも面白い。クロス・ハート・魔術師・カエル、などなど・・・。最初のページにマーガレットの全身タトゥー図のイラストがあるので、チェックしながら読んでみて。

受賞歴など

ジャクリーン ウィルソンのガーディアン賞受賞作。

著者のジャクリーンン・ウィルソンは、70冊もの作品を出版している人気の児童文学作家さん。数ある作品の中でも、この作品が一番のお気に入りだそう。私も心に残る作品。

本をチェックする

タトゥーママ
偕成社
ジャクリーン ウィルソン (著), ニック シャラット (イラスト),小竹 由美子 (翻訳)

出版社 ‏ : ‎ 偕成社
発売日 ‏ : ‎ 2004/8/1
単行本 ‏ : ‎ 342ページ

この本もおすすめ

角川つばさ文庫版 母さんがどんなに僕を嫌いでも
KADOKAWA
歌川 たいじ (著), ののはらけい (イラスト)