はがき投稿のあったかさラジオから伝えたい~さだまさし【ラストレター】

仕事 | 昭和

おすすめポイント

◇中学生・高校生・大人にもおすすめ

◇さだまさしさんの小説

◇ラジオをテーマにした小説

◇昭和の匂いがします(*´ω`*)

はんぶんあらすじ&レビュー

あの時代、金はなくても、本当の豊かさがあった。さだまさしさんが描く、ラジオの世界。

みなさんはラジオを聞いていますか?

私は毎週聞いている番組があります。最近はタイムフリーなんていう便利な機能のおかげで、リアルタイムでなくても聞けるようになってありがたいです。いつも家事をしながら聞いています。

さて、ラジオでは視聴率が1%以下の場合、その視聴率の数値を表記しない。代わりに「※」と記入されることから「コメ」と言われる。
そんなコメ番組をたくさん抱えているラジオ局が、この小説の舞台。視聴率0%台のラジオ局・東亜放送である。

若手アナウンサー寺島が新しい企画に提案したのは、「小さな人生をいっしょうけんめいに生きる人たちの、心のつぶやきをひろうような」ハガキでつくる深夜番組の復活。

テーマは「昭和に帰ろう」。

メールやツイッターからの投稿は受け付けません!!投稿は、はがきだけ。

熱い心はあるけれど、スポンサーはなし・・・この番組、ちゃんと放送できるのか!?

放送禁止用語を叫びまくる宗教番組プロデューサー大越さんをはじめ、ラジオを愛する個性的なメンバーが、新しいアイデアを出し合い、わいわいやりながら、いいものを作り上げていくのが、文化祭ノリのようで読んでいて楽しい。

番組内に読まれるハガキがまたいいのです。地味で小さい人生のひとこまだけど、あったかい温度を感させるものばかり。本当にどこかでだれかがつぶやいたようなリアルさがあって、ラジオを聞いたような気持ちになる。おもしろハガキのちょっとしたくだらなさもしっかり味わえます。

You tubeやネット番組ばかり見ているという人が増えていますが、ラジオ番組もいいですよ。ラジオが好きな人は必読です。

著者・さだまさし

1952年、長崎県長崎市生まれ。10代には作家さんのイメージの方が強いかもしれませんが、作家さんである前にシンガーソングライターであるさださん。山口百恵さんが歌う「秋桜」やドラマ「北の国から」のテーマソングを作った方です。

1973年、フォークソング「グレープ」でデビュー。1976年グループ解散後、ソロ歌手として活動を続けています。さだまさしさんはお話も面白くて「おもしろいおじさん」というイメージがあるのですが、小説を読みその印象ががらりと変わりました。心にすっと入り込み、ぐっととらえる小説の中には、映画化されている作品もたくさんあります。

*おすすめ代表作*

『解夏』

『眉山』

『アントキノイノチ』

『風に立つライオン』

スポンサーリンク

フォローする