教科書

教科書

国語教科書に掲載されている作品、または国語教科書でおすすめの本として紹介されている作品です。本選びの参考にどうぞ。

YA文学

重松清『小学五年生』~子どもじゃない、大人でもない

YA(日本)

中田 永一『くちびるに歌を』

YA(日本)

瀬尾まいこ『あと少し、もう少し』

YA(海外)

『豚の死なない日』~シェーカー教徒のつましく豊かなくらし

文学(児童書)

上橋菜穂子『闇の守り人』

YA(日本)

重松清『きみの友だち 』~友だちってなんだろう

文学(児童書)

リザ・テツナー『黒い兄弟』~煙突掃除夫として働くミラノの少年たちの物語

YA(日本)

誉田哲也『武士道シックスティーン』

文学(児童書)

動物たちのシュールな哲学~安藤みきえ『頭のうちどころが悪かった熊の話』

文学(一般)

小さく愛おしい少女たちとポチ子の日々~小川洋子『ミーナの行進』

ビタースイートなよみきかせ絵本

小泉吉宏『戦争で死んだ兵士のこと』

ノンフィクション

藤原てい『流れる星は生きている』~満州引揚げをつづったベストセラー

YA(日本)

井上ひさし『少年口伝隊一九四五』