国語入試問題によく出典されている本

国語入試問題によく出典される本のブックリストです。入試問題に出典される本は、中学生・高校生におすすめの本ばかりです。どんな本を読もうかなと迷うあなたは、ここから選んでみてはいかがですか。

出題年度別の一覧はこちらから

中学・高校・センター試験の国語入試問題に出た本まとめ
中学・高校・センター試験の国語入試問題に出た本を年度別にまとめています。
文学(一般)

おにぎりは祈りのかたち~原田マハ『生きるぼくら』

YA文学

中田 永一『くちびるに歌を』

文学(一般)

角田光代『さがしもの』

YA文学

魚住直子『園芸少年』~植物系男子の部活友情物語

YA文学

瀬尾まいこ『あと少し、もう少し』

YA文学

乾ルカ『願いながら、祈りながら』~5人だけの小さな分校の物語

YA文学

森絵都『アーモンド入りチョコレートのワルツ』~ピアノが好きな人に贈る短編集

YA文学

井上ひさし『四十一番の少年』

YA文学

重松清『きみの友だち 』~友だちってなんだろう

文学(一般)

宮下奈都『羊と鋼の森』

文学(児童書)

濱野京子『木工少女』~都会育ち小学生がど田舎はじめます

文学(児童書)

学校とは違う新しい毎日が欲しい~草野たき『ハッピーノート』

エッセイ・詩

長田弘『なつかしい時間』~いま伝えたいこと