濱野京子さんおすすめの本

おすすめ作家

小学校高学年から中学生向け、濱野京子さんのおすすめ本を紹介します。

スポンサーリンク

トーキョー・クロスロード

壁に貼った山手線の地図にダーツをして、当たった駅で降りて、町を散策する。それが、栞の休日の過ごし方。メガネにゆるゆるの恰好に変装して、いつもの自分とは違う自分で、知らない町を気ままに歩く。ある日、ふと心ひかれた背中にカメラを向けると、それは、かつて同級生だった月島耕也だった。第25回坪田譲治文学賞受賞

みんなの前にいるしっかりものの自分、変装して気ままを楽しむ自分、素直じゃない自分、うまくつかめない自分を持て余してる苛立ちや不安。うまく表に出せない月島への秘めた思いと止められない感情、その恋心にブレーキをかけようとする心の葛藤が、痛くなるほどに切ない恋愛小説。少しだけ違う自分になりたい、という女の子におすすめ。

レガッタ!水をつかむ

「たかがスポーツに、そんなにむきになるなんて」。優秀な姉の言葉に反発し、強豪ボート部に入部した飯塚有里は、力がありながらも、水上でうまく発揮できずにいた。ボートはひとりでは漕げないと知ったとき、オールが水をつかみはじめる…。

ことづて屋

「お言伝てを預かっています」山門津多恵の頭には時折、死者からの伝言がひびいてくる。宛てた人物にその言葉を伝えるまで、津多恵は楽になれない。見ず知らずの人物を訪ねるために外見を装うのを、美容師の恵介が手助けしている。幼くして死んだ娘から母親へ、放蕩息子から父親へ、少年院の中から親友へ…。伝えられた言葉は残された人に何をもたらすのか。痛みをかええた心をほぐす、あたたかくやさしい物語。

木工少女

都会育ちの小学6年生の美楽(みらく)が、父親の転勤でコンビニもない田舎に引っ越してきた。最初は、こんなところでは暮らせないと思う美楽だけれど、「明野工房」を営む木工職人のデンさんと出会い、木のぬくもりに触れ木工に目覚めていく。

自然のくらしに憧れている人や、美楽のように田舎の暮らしは想像できないなぁという人に読んでみて欲しいです。小学校高学年向け。
『木工少女』

ヘヴンリープレイス

引っ越した夏休み。中学受験を控えて、壁にぶつかっている小6の和希(かずき)だが、新しい町で見つけた雑木林で、天使のように笑顔のかわいい男の子・英太に会った。英太と仲良くなったぼくは、英太が「うち」と呼ぶその場所を訪れるが、そこは雑木林の奥にある荒れて朽ちかけた廃屋だった…。

「自分」と「自分が求められていること」の間での葛藤。自分で乗り越えられる悩みにぶつかる子は恵まれている。すべてがハッピーエンドとはいかないラストが、自分で乗り越えられない環境にぶち当たっている子どもたちを、社会はどうサポートすべきなのか、という問題も投げかけている。濱野さんの作品にはいつも心をつかまれますが、こちらの作品もすごく良かった。「夏の庭」を思わせる児童書です。

その角を曲がれば

本が好きな杏、バドミントン部のエース・樹里、甘えっ子キャラの美香。
クラスでは“仲良し3人組”だけど、ときどきお互いの気落ちが読めないときがある。受験、恋、家族、友情……三者三様の思いを抱いて過ごす、中学生活の一年を描く。

女の子同士はバランスが大事。特に「3人」は難しいと相場が決まっている。ふたりだけならたいした喧嘩にもならない、4人以上ならもっと気楽にやれるのに、とため息をつく。そんな女の子の微妙なバランスに戸惑っている中学生におすすめしたい1冊です。だれかにとって自分が特別でありたいという感情は、特に女の子に強い。女の子にとっては恋愛においても友情においても同じ。

できれば、誰にとっても特別でありたいとさえ思うのだから、困ったもんである。仲のいい子はたくさんいても、自分が彼女にとって一番の親友でありたいのだ。

友だちだから、理解したいし、理解してほしい。自分のことを大切に思ってほしいし、秘密を打ち明けてほしい。友情の中で、知らずに傷つけあったり、悩んだり、何かを選んだりして「自分」を探しながら成長する、そのバランスが絶妙で、まるで恋愛小説を読んでいるかのように切なく、軽い息苦しささえ覚える。

石を抱くエイリアン

2010年ー2011年3月、中学3年生だった彼らは、当たり前に、ずっとそこにあると思ったものが永遠でないと知る。

それを知ったとき、大人に近づいてしまうんだと思う。

サッカーの勝利に喜び、文化祭を乗り越え、だれかを好きになる。
いつもの毎日が当たり前にあることが、とても尊い。

1995年1月に阪神大震災が、3月には地下鉄サリン事件が起こった。
この年に生まれた彼らは、中学3年生の卒業の時、東日本大震災を経験する。

時代は彼らに逆風を与えるが、その風を乗り越えて彼らは力強く歩いていく。

この物語はフィクションだけれど、リアルな中学3年生を重ねて読まずにいられないわたしは、ラストで市子が見せた「強さ」に泣ける。

そう、彼らにはまだ「希望」がある。いま中学3年生の人にも、当時中学3年生だった人にも。

コメント