わたしと小鳥とすずとー金子みすゞ童謡集

金子みすず詩集『私と小鳥とすずと』』

金子みすゞさんの詩は、おかあさんが夜布団の中で優しくお話を聞かせてくれるような、柔らかい心地よさがあります。

小さい子供に向けたようなやさしい言葉で紡いでいるので、だれでも、すんなり彼女の詩の世界に引き込まれるのではないでしょうか。

わたしの好きな詩は「美しい町」
どこかで見たような景色。あれはどこでみたのだろう。そうだ、いつか読んだ本の中の町…。
っていう。
実際に見た景色と見紛うほどに、本の中に入り込んでいるっていいなぁと。

子どもたちにはじめて購入した詩集です。

何度も繰り返しページをめくり、「どの詩が好き?」なんて話していたころを懐かしく思い出す。

スポンサーリンク

この本もおすすめです

面白かったらこの本もおすすめ


詩・ことば
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント