受験生の読書におすすめの本

勉強

受験生におすすめの本

受験生のみなさん、勉強がんばっていますか?

受験を意識した本選びをしたいという人に、おすすめの本を紹介しています。

その前に、受験生におすすめの読書とはどんなものでしょうか。読書をしている時間などない!という受験生も、少し読んでいってください。

本を読む子は国語が得意?

本好きさんに聞いてみた。

「あなたは国語の成績がいいですか?」

わたし自身、本が好きで特に国語の試験勉強をしなくても点数が取れるタイプでした。子どものころから本好きだった大人や現在本好きな10代に同じような質問をしたところ、わたしと同じように答えた人がほとんどでした。「文章題はだいたいわかるけど、古典や漢文はぜんぜんダメ」という人もいれば、ほとんど勉強しなくても点数が取れるから「むしろ勉強の仕方がわからない」という人もいました。

中学生の女の子で、読書を習慣づけたところ国語の成績が50点以上伸びた子もいます。

よく本を読む子は、国語の成績が良い傾向にあることは言えます。

それならば、国語の成績を上げるために読書をするのは効果があるのかといえば、こちらはなんともいえません。

先ほどの質問では、みなさん本が好きで読んで読んでいる方ばかりです。

「本が好き」「読書が楽しい」「いろんなことを知りたい」という気持ちで読書をすることで、自然に読む力と知識が身についてくるのではないでしょうか。

読書の時間はかけがえのないものです。

心を豊かにし、自分と向き合う大事な時間です。

「想像力が豊かになる」「語彙がふえる」「賢くなる」「国語の成績があがる」はあくまでも本を読むことの副産物にすぎないと考えています。

「教科の点数があがる」補償はできませんが、楽しく続けることができれば必ず効果はあります。「国語の点数をあげるため!」と気負っても楽しくありませんよね。本の楽しさを感じて、自然に読書の習慣が身につくと国語の成績にも自然と反映されるはずです。

いろんなジャンルの本を読もう!

受験生に限らず10代におすすめしたいのは、読書を習慣化して、とにかくいろんなジャンルの本を読むことをおすすめします。

自分の興味のあることについてはもちろん、知らなかったことを学び、いろんな人の考えに触れることで、自分の世界が大きく広がります。たくさんの知識を吸収するためには、「自分の器を広げる」ことが必要です。

いろんな小説からいろんな人の人生を疑似体験することもできます。

いろんな人の論説やエッセイからいろんな人の視点を知ることもできます。

そうして心の器を大きく育てて、広い視点で情報や知識を吸収してください。

知識は詰め込むだけでは活用できません。心を育てながら知識を吸収することで、知識が生かされます。読書には心と脳を同時に育てる力があります。

国語の教科書でおすすめの本を読む

どんな本を読もうかな?と迷ったら国語の教科書で「おすすめ」されている作品を読んでみるのがおすすめ。

勉強のモチベーションをあげる本を読む

受験勉強は孤独との闘いです(T_T)

とはいえ勉強ばかりでは息がつまりますから、時には上手にストレス解消をしてください。読書は、短い時間でもストレス解消に役立つという研究データもあります。といっても、遊びに出かけたりゲームをするのは罪悪感がある、という人にも読書ならポジティブな気持ちで取り組めるストレス解消法ではないでしょうか。

勉強にやる気がでる、モチベーションのあがる本や、勉強のやり方を教えてくれる本、疲れた心をほぐしてくれる本がおすすめです。

疲れた心を癒してくれる本には、「いつか行きたい場所」や「きれいな風景の本」など気持ちを少しだけ遠くに旅させるような本がおすすめですよ。

頑張ってるのに、全然成績が上がらないしやる気しないよ~なんていう人に。そんな時は、ちょっと勉強を休んで気分転換して、それからこんな本を読んみるのはどうでしょう。ぐっと気持ちが引き締まって、やる気が出ますよ。
勉強のやり方がわからないという方に、わかりやすくて見やすいノートの取り方を教えてくれる本を紹介します。自分に合ったノートの書き方を見つけてね。
勉強がきらい!なぜ勉強するのかわからないという人へ。その質問に答えてくれる本を紹介します。

国語入試問題に出典された本を読む

受験生の本選びなら、国語問題に出典された本を読んでみるのもおすすめです。

入試問題に出典されている本を見てみると、このような特徴があります。

  • 正しい日本語と整った文章で書かれたもの
  • 10代にぜひ読んで欲しいテーマを取り上げている
  • 多岐にわたるジャンル

入試問題の作成に携わるのは、国語のエキスパートの先生方です。10代のみなさんに身に付けて欲しい国語力と読んでほしい内容がマッチしている本を選んでいるはずです。小説では10代の主人公にしたものでスポーツ小説や吹奏楽などの部活動小説が人気。また論説文では、自然、芸術、哲学など、ほんとうにさまざまなジャンルの本が出典されています。

初見でも十分読める内容ですが、興味を持っていたりある程度の知識があればより簡単に読むことができます。

日頃からこうしたことにも興味を持ってほしいという、出題者の思いも感じます。読みなれると「書く力」も身に付きますよ。

大学受験:センター試験国語問題

2018年(平成30年)のセンター試験・国語問題に出典された現代文・古典の作品をさっそく紹介します。
2015年~2017年までの過去3年間にセンター試験の国語問題に出典された論説文・現代文・古典・漢文のまとめ。簡単な作品紹介つき。受験生の読書の参考にどうぞ。

高校受験:2017年国語入問題に出た本

2017年全国高校入試問題【国語】出典された小説を地域ごとにまとめています。
2017年全国高校入試問題【国語】論説問題に出典された新書をまとめています。その中から、入試問題によく出た論文や、中学生・高校生にも読んで欲しい注目の本を3冊紹介。受験生のみなさんの本選びの参考にどうぞ。
2017年全国高校入試の国語問題に出典された古典作品をまとめました。おすすめの本も合わせて紹介します(^^♪受験生のみなさんの参考にどうぞ。

高校受験:2016年国語入試問題に出た本

2016年全国高校入試問題【国語】出典された小説を地域ごとにまとめています。受験生のみなさんの読書の参考にどうぞ。
2016年全国高校入試問題【国語】論説問題に出典された新書をまとめています。受験生のみなさんの本選びの参考にどうぞ。

~2015年高校入試国語問題に出た本

2015(平成27)年 公立高校入試問題に出典された小説と、よく出た小説や注目作家のまとめです。
2012年全国公立高校入試問題【国語】出典された小説まとめ。

中学受験:入試国語問題

2017(平成29)年に行われた中学国語入試問題出典された本まとめ。受験生のみなさんの読書の参考に