【児童文学作家・安藤みきえ】10代に読んでほしいおすすめの本はこれ!

作家・安東みきえおすすめの本はこれ!

ちょっと不思議で、くすりと笑えるユーモアがある。ちょっと予定外「あれ?」って感じに話が進み、最後にはおさまるところに話はちゃっかりとおさまります。

短くて読みやすいおはなしが多いから、読書があまり好きではない人にも「ちょっと読んでみない?」とおすすめしたくなる作品ばかり。

小学生から大人まで楽しめる作家さんは、それほど多くない。そんな安東みきえさんのおすすめ本を紹介します。

スポンサーリンク

安東みきえ

1953年山梨県甲府市生まれ。
1994年第11回小さな童話大賞(毎日新聞社主催)大賞および今江祥智賞受賞。
1997年より「そこまでとべたら」が『中学国語1』(光村図書)に収録。
2000年『天のシーソー』が第11回椋鳩十児童文学賞受賞。

頭のうちどころが悪かった熊の話

頭を打って何もかも忘れてしまった熊、覚えているのは「レディベア」のことだけ。でも、レディベアって?
この世の不条理に翻弄されながら、迷走する動物たちの悩めるシュールな物語の中に浮かび上がるのは、日々くるくると歩き回っている自分たちの姿かもしれません。ユニークで哲学的なこの短編集は朝読書にもおすすめです。小学校高学年から中学生向けですが、大人にももちろんおすすめ。

『頭のうちどころが悪かった熊の話』がおもしろかった人には、『まるまれアルマジロ!―卵からはじまる5つの話』もおすすめです。

ワンス・アホな・タイム

小学校高学年から中学生に。みんなも知っているあの「おとぎ話」のパロディ⁉の7つの物語。おとぎ話にありがちな展開からちょっと話がずれているところが「アホっぽい」。とはいえ、最後にはハッピーエンドでほっこりと心あたたまる。抜け感のあるゆるゆる「おとぎ話」をお楽しみください。ふだんは読書はあんまりしないよ!という人におすすめしたい1冊。

夕暮れのマグノリア

単行本: 222ページ
出版社: 講談社
ISBN-13: 978-4062139878
発売日: 2007/5/17

(BOOKデータベースより)それはほんのいっときで消えてしまう。あらわれるのはきまって夕暮れ時。光と闇のまざる時間、生と死の境目がぼんやりするころ―。女子中学生・灯子の感受性がつむぐ、やさしさと不思議さに満ちた一年間。

天のシーソー

ヒワとゾウガメ

少年少女におすすめしたい安東みきえさんの絵本です。長生きのゾウガメは、仲の良い友だちをたくさん見送るうちに「友だちなんて必要ない」と心を閉ざしていました。そんなゾウガメにヒワは「ずっと友だちだよ」と語りかけます。固まった心がゆるやかにとけてゆきます。高学年から中学生への読み聞かせにも。

安東みきえ作品一覧

どこまでいってもはんぶんこ
天のシーソー
おじいちゃんのゴーストフレンド
頭のうちどころが悪かった熊の話
夕暮れのマグノリア
まるまれアルマジロ! 卵からはじまる5つの話
星につたえて
ワンス・アホな・タイム
ヒワとゾウガメ
ゆめみの駅遺失物係
迷いクジラの子守歌
満月の娘たち

↓↓ほかの作家のおすすめ本もチェック↓↓

おすすめ作家
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント