社会

ノンフィクション

ファビオ・ジェーダ『海にはワニがいる』~自由を求めて国境を越えたアフガニスタンの少年

アフガニスタンの少年がイタリアへたったひとりで亡命したノンフィクションをもとにした小説。10代に読んで欲しい本。
ノンフィクション

東北のこれまでとこれからを考える~山内明美『こども東北学 よりみちパン!セ』

東日本大震災で世界から注目される地域となった東北。「東北」のこれまでを知り、これからについて考える「よりみちパン!セ」シリーズ『こども東北学』
ノンフィクション

雨宮処凛『14歳からの原発問題』~14歳の世渡り術

東日本大震災をきっかけにみんなで考えたい「原発問題」。どうして日本に原発ができたの?原発について感じるはてな?をみんなで学んでみよう。
ノンフィクション

「ぼくの父さんは、自殺した。」ーその一言を語れる今

父の死を自殺とは言えなかった。大切な家族を自殺で失った子どもたちの心を癒し、自殺をなくすために語れる社会へ。
ノンフィクション

小熊英二『日本という国 よりみちパン!セ』

中学生におすすめ「よりみちパン!セ」シリーズより、歴史の教科書では教えてくれない「日本」をずばり切り開いていきます。
ノンフィクション

小川真吾『ぼくらのアフリカに戦争がなくならないのはなぜ?』

アフリカでは何年も戦争が続き、何十万人という人の命が無惨に奪われています。生きていても、少年兵士として強制的に闘いに参加させられている人も大勢います。戦争をなくすための取り組みをしているにも関わらず、なぜ戦争はなくならないのか。驚くべき答えがこの本で分かりやすく説明されています。
ノンフィクション

『なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?』~いま学生に求められている力とは?

新卒一括採用を廃止する企業も増える中、問われる日本の大学生の資質。日本の大学生は本当に勉強しないのか?いま日本の大学生に求められている力とは?大学生に読んで欲しい1冊。
ノンフィクション

チャンスがあれば…―ストリートチルドレンの夢

ADB(アジア開発銀行)加盟国から、バングラディッシュ、カンボジアなど7つの国で暮らすこどもたちが描く「チャンスがあれば…」というテーマで寄せられたメッセージ。彼らのささやかな願いとは…。
ブックリスト

【調べ学習ブックリスト】ダムについて知る本

調べ学習に役立つブックリスト。 こんにちは。 社会の授業で「ダム」について調べることになりました。ダムについてわかる本を教えてください。 今回は、日本のダムについて調べる本をまとめて...
ノンフィクション

後藤健二『エイズの村に生まれて―命をつなぐ16歳の母・ナターシャ』

エストニアの小さな村・ナルヴァの真実 世界のことを知る 住民の90%がエイズに感染する村 タイトルにいい印象がなかったが、著者が取材したエストニアの小さな村ナルヴァでは、住民の90%がエイズに感染し、文字通り「エイズの村」と呼ばれてい...
ノンフィクション

新井紀子『ロボットは東大に入れるか』よりみちパン! セ

ロボットは東大に合格できるのか?ロボットが好きな人!これからのロボット社会に興味がある人!だけじゃない。みんなにぜひ読んで欲しいノンフィクション。
ノンフィクション

『ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件の十七年』~家族の定義とはなにか

昭和50年代、赤ちゃんを取り違えられた沖縄のある家族を追ったノンフィクションドキュメント。映画「そして父になる」の原作。「家族とはなにか」に迫る。
ノンフィクション

介助犬を育てる少女たち -荒れた心の扉を開くドッグ・プログラム-

動物が好きな人、動物に関わる仕事に興味がある人におすすめしたいノンフィクション。中学生におすすめです。
ノンフィクション

内田樹『下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉』

「これを勉強してなんの徳があるのか?」「なぜ働かなければいけないのか?」あなたのまわりにこんな若者が増えていませんか?それ、下流思考かもしれません。子育てママにも読んで欲しい1冊。
ノンフィクション

家のない少女たち 10代家出少女/家のない少年たち 親に望まれなかった少年たち

学校、家、友だち…心の居場所なら悩みながらゆっくり探せばいい。しかし、中には自分の家が「自分がいてもいい場所」ではないと感じている子どもたちがいる。この本は、家にいることができない少年少女たちの実態をつづったノンフィクション。