小川 洋子『最果てアーケード』

使用済みの絵葉書、義眼、徽章、発条、玩具の楽器、人形専用の帽子、ドアノブ、化石…。「一体こんなもの、誰が買うの?」という品を扱う店ばかりが集まっている、世界で一番小さなアーケード。それを必要としているのが、たとえたった一人だとしても、その一人がたどり着くまで辛抱強く待ち続ける―。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本をチェックする

文庫: 256ページ
出版社: 講談社
ISBN-13: 978-4062931021
発売日: 2015/5/15

著者・小川洋子

1962年生まれ、岡山県出身。1988年『揚羽蝶が壊れる時』で海燕新人文学賞でデビュー。1991年に『妊娠カレンダー』で芥川賞を受賞。これまでに多くの作品が芥川賞、直木賞、本屋大賞などにノミネートされている日本を代表する女流作家。

↓ 同じ作家の本を読みたいなら ↓

続けて読みたいおすすめの本

小川洋子さんの『最果てアーケード』を読んだとき、町の雰囲気がこの本に似ているなぁと感じました。この本は小学校中学年からおすすめです。

文学(一般)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
**フォローする**
この本の担当者
ゆう

モットーは「おいしいごはんと本で豊かな人生を」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館、大学図書館、よみきかせ、図書ボランティア、みーとぶっくすなど子どもや本に関わる仕事をあれこれ。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

**フォローする**
ブックス雨だれ

コメント

おすすめベスト

当サイトが選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。
 

おすすめベスト

当サイトが選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。