ノンフィクション

ノンフィクション

山口淑子『李香蘭 私の半生』

アジアを巻きこんだ大きな戦争、第二次世界大戦をより詳しく知りたい人に。
ノンフィクション

サラの旅路―ヴィクトリア時代を生きたアフリカの王女

19世紀、アフリカからイギリスへ渡ったある少女の真実の物語。その少女は、アフリカでは女王だった。
ノンフィクション

貴重な歴史資料集『レンズが撮らえた幕末の日本』

坂本竜馬、大久保利通、伊藤博文などの超大物、それから新撰組など歴史に名を残す幕末の人物たちの貴重な写真集。
ノンフィクション

『境界を生きる 性と生のはざまで』~性別の悩みを抱える生きづらさの中で

性別の悩みを抱えた人に読んで欲しい、毎日新聞の取材によるルポタージュ。
ノンフィクション

本当の怖さを知ろう『ほんとうの「ドラッグ」』

中学生や高校生のみんなに知っていて欲しいことがある。こうした本当のことをわかりやすく書いてくれる本は、実は案外少ない。自分とは無関係と思わずに、危ない世界は案外近くにあるのだという警戒心を忘れないで欲しい。
ノンフィクション

憲法改正について考えよう『中高生からの平和憲法Q&A』

憲法について学びたい中学生におすすめの本を紹介します。
ノンフィクション

ファビオ・ジェーダ『海にはワニがいる』~自由を求めて国境を越えたアフガニスタンの少年

アフガニスタンの少年がイタリアへたったひとりで亡命したノンフィクションをもとにした小説。10代に読んで欲しい本。
ノンフィクション

東北のこれまでとこれからを考える~山内明美『こども東北学 よりみちパン!セ』

東日本大震災で世界から注目される地域となった東北。「東北」のこれまでを知り、これからについて考える「よりみちパン!セ」シリーズ『こども東北学』
ノンフィクション

雨宮処凛『14歳からの原発問題』~14歳の世渡り術

東日本大震災をきっかけにみんなで考えたい「原発問題」。どうして日本に原発ができたの?原発について感じるはてな?をみんなで学んでみよう。
ノンフィクション

「ぼくの父さんは、自殺した。」ーその一言を語れる今

父の死を自殺とは言えなかった。大切な家族を自殺で失った子どもたちの心を癒し、自殺をなくすために語れる社会へ。
ノンフィクション

小熊英二『日本という国 よりみちパン!セ』

中学生におすすめ「よりみちパン!セ」シリーズより、歴史の教科書では教えてくれない「日本」をずばり切り開いていきます。
ノンフィクション

小川真吾『ぼくらのアフリカに戦争がなくならないのはなぜ?』

アフリカでは何年も戦争が続き、何十万人という人の命が無惨に奪われています。生きていても、少年兵士として強制的に闘いに参加させられている人も大勢います。戦争をなくすための取り組みをしているにも関わらず、なぜ戦争はなくならないのか。驚くべき答えがこの本で分かりやすく説明されています。
ノンフィクション

『なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?』~いま学生に求められている力とは?

新卒一括採用を廃止する企業も増える中、問われる日本の大学生の資質。日本の大学生は本当に勉強しないのか?いま日本の大学生に求められている力とは?大学生に読んで欲しい1冊。
ノンフィクション

チャンスがあれば…―ストリートチルドレンの夢

ADB(アジア開発銀行)加盟国から、バングラディッシュ、カンボジアなど7つの国で暮らすこどもたちが描く「チャンスがあれば…」というテーマで寄せられたメッセージ。彼らのささやかな願いとは…。
ノンフィクション

高橋邦典『戦争がなかったら3人の子どもたち10年の物語』

南アフリカのリベリア共和国という小さな国では、長い間激しい内戦が続きました。著者がこの内戦で出会った3人の子どもたちの、その後を取材しています。