中沢啓治『はだしのゲンわたしの遺書』~原爆のことは思い出したくなかった

中沢啓二「はだしのゲンわたしの遺書」表紙
  • 漫画「はだしのゲン」の作者・中沢啓治さんの自伝的ノンフィクション
  • 原爆のことは思い出したくもないという中沢さんがどうしても伝えたかったこととは
  • 漫画は苦手な人にも読みやすい。小学校高学年から中学生、大人にもおすすめしたい1冊。

小学校高学年・中学生に読んでほしい原爆体験をつづったノンフィクション。

原爆が投下された広島の町で、戦禍を乗りこえ、貧困や偏見に苦しみながらも力強く生きる少年の姿を描いた漫画・「はだしのゲン」。主人公のゲンのモデルは、作者の中沢啓治さんである。原爆のことは忘れたいと思って生きてきた、という中沢さんが、漫画に託した思いとは。中沢さんの人生を綴る自伝的ノンフィクション。

スポンサーリンク

本の紹介とレビュー

1945年、終戦間近の広島市。小学2年生の中岡元(ゲン)は、父と母、姉の英子、弟の進次と貧しくともつつましく暮らしていた。8月6日の朝、いつものように学校へ向かったゲンは、突然の閃光と爆風で気を失った。気が付くと町は変貌していた。爆風で押しつぶされた建物、おびただしい数の真っ黒焦げの死体、焼けただれた皮膚を引きずり歩く人々、全身にガラスが刺さった少女…そこには地獄のような景色が広がっていた。

漫画「はだしのゲン」は、原爆投下直後の広島の町の様子を克明に描いている。小学2年生のゲンの目線を通して描かれる原爆の脅威に、読み手は心臓をわしづかみにされて震えるほどの怖さを味わう(もっとリアルに描きたかった、と語っている)。漫画に描かれているシーンはどれも、中沢啓治さん自身の経験や伝え聞いた話がベースになっている。

わたしが「はだしのゲン」を読んでいたのは、小学校高学年のころ。怖かった記憶しかない。このノンフィクションを読むまで、「はだしのゲン」のストーリーはフィクション(物語)だと思っていた。

実は、漫画の冒頭部分、原爆投下直後のできごとは、中沢啓治さんが実際の体験がほぼそのままに描かれている。

漫画の主人公・中岡元(ゲン)は小学2年生。1945年8月6日、中沢さんは当時小学1年生だった。「はだしのゲン」で描かれているように、偶然にも小学校の門の影に隠れるような位置となり、奇跡的に無傷で助かっている。しかし、父親と弟はつぶれた家の下敷きになり炎に包まれてしまう、さらにはお腹の大きかった母はショックで妹を出産する。そんな恐怖と驚きの連続が立て続けに起こるなんて壮絶すぎる。

同じ時間、たてものの打ち壊し作業のために本川の土手に集まっていた広島二中の一年生は、数日のうちに全員が亡くなっている。

広島市のホームページによると、当時の広島市の人口35万人の市民や軍人がいたと考えられる。そのうち、この年の12月までに亡くなった人はおよそ14万人。爆心地から1.2キロメートルでは、その日のうちにほぼ50%が死亡。爆心地により近い地域では80~100%が死亡したと推定されている。

中沢さんがほぼ無傷で助かったことは、本当に奇跡なのだ。その後、広島の町で少年がたくましく生きる姿は、漫画で描かれている通り。

スポンサーリンク

やがて中沢さんは手塚治虫に憧れて漫画家を目指すようになるが、原爆のことを漫画にしようとは思っていなかった。

「原爆のことは忘れたい、被爆したことは人に言うまい、と生きてきた。」

「原爆のことなんか思い出したくもなかったし、漫画にも描きたくなかった。」

「原爆」という言葉を見るだけで死体の腐るにおいがよみがえり、あの頃をふりかえる度に、家族を失った苦しさや母の死への悔しさを思い出して辛くなるという中沢さんが、なぜ原爆漫画を連載しようと思ったのだろうか。「はだしのゲン」を描くことでどうしても伝えたかった思いが、この本の中で語られている。

たったひとつの原爆に、どれだけ多くの人間が殺されたか。どれだけ多くの人生が狂わせられたか。どれだけ多くの人々が原爆後遺症に苦しめられてきたか。

本文より

この漫画を通じて、原爆のことを知ったという人は多い。漫画「はだしのゲン」は、1973年から集英社の「週刊少年ジャンプ」で連載を開始。ちなみに、「週刊少年ジャンプ」では、アンケートの人気投票によって連載枠が確保できるシステムがある。人気投票の結果はイマイチだったようだが、当時の編集長の意向で人気投票とは別枠で「はだしのゲン」は連載を続けた。

やがて「はだしのゲン」は子どもたちだけでなく、原爆を知らない大人へ、日本全体にとっても原爆を伝える代表的な物語となり、現在では、原爆を知る貴重な資料として世界でも10か国以上の言語に翻訳されて読まれている。

忘れることは時には必要かもしれないが、戦争と原爆のことだけは絶対に忘れてはいけない。

この本は、2012年12月19日、中沢啓治さんが亡くなった翌日に出版された。この本は中沢さんの最後の作品となり、私たちへのメッセージの込められた遺書となった。

NHKクローズアップ現代ー世界をかける“はだしのゲン”

本をチェックする

『わたしの遺書』では、漫画には描ききれなかった少年ゲンの心の内やその後の人生が、語りかけるような文章でつづられ、まるでドキュメント番組を見ているようにすらすらと読める。まんが「はだしのゲン」も多くの中学生・高校生に触れて欲しい作品だが、「はだしのゲン」が怖くて読めない、という人にもこちらのノンフィクションを強くおすすめしたい。

出版社: 朝日学生新聞社
発売日: 2012/12/19
単行本: 224ページ

この本もチェック

戦争や原爆についてもっと知りたい人に