2022年みんなが読んだ本ランキング

2022年はみなさんにとってどんな一年でしたか。この一年、どんな本との出会いがありましたか。

1年間にブックス雨だれで人気のあった本を集計して「みんなが読んだ本100(106冊)」を発表します。本選びの参考にどうぞ。

集計方法

  • 2022年の1年間に当ブログのリンク経由でAmazonで購入された本の冊数を集計。
  • 3冊以上シリーズ作品がある場合は、【シリーズ】としてまとめる。
スポンサーリンク

人気本ベスト10

1位 森絵都『カラフル』

2位【シリーズ】5分後に意外な結末

3位 重松清『きみの友だち』

4位 和田秀樹『受験のシンデレラ』

5位 瀬尾まいこ『あと少し、もう少し』

6位 千原ジュニア『14歳』

7位 辻村深月『かがみの孤城』

8位 梨木香歩『西の魔女が死んだ』

9位 青柳碧人『浜村渚の計算ノート』

10位 森絵都『クラスメイツ』

ベスト11位〜86位

11位以下はこちらです。

11住野よる『君の膵臓をたべたい』
12石田衣良『4TEEN』
12乾ルカ『願いながら、祈りながら』
14【シリーズ】上橋菜穂子「守り人」シリーズ
15小川洋子『博士の愛した数式』
16【シリーズ】〈中学生からの大学講義〉(ちくまプリマー新書)
16川村元気『億男』
18重松清『小学五年生』
19中田永一『くちびるに歌を』
20伊坂幸太郎『死神の精度』
21ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』
22【シリーズ】「きみが見つける物語」アンソロジー
22【シリーズ】宗田治『ぼくらの七日間戦争』
24宮部みゆき『今夜は眠れない』
25有川浩『阪急電車』
26オー・ヘンリー『最後のひと葉』
26【シリーズ】星新一ショートショートセレクション
28マーギー・プロイス『ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』
28池井戸潤『陸王』
28桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet』
31喜多川泰『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』
31水野宗徳『さよなら、アルマ』
33田村裕『ホームレス中学生』
34高木敏子『ガラスのうさぎ』
35ポール・フライシュマン『種をまく人』
36ルイズ・アームストロング『レモンをお金にかえる法』
36【シリーズ】集英社「まんが版 世界の歴史」
38ルイス・サッカー『穴 HOLES』
38【シリーズ】短編アンソロジー
40藤岡陽子『晴れたらいいね』
41灰谷健次郎『太陽の子』
41乙一『暗いところで待ち合わせ』
41池上彰『伝える力』
44『いしぶみ: 広島二中一年生全滅の記録』
45桐野夏生『優しいおとな』
45西尾維新『掟上今日子の備忘録』
47山中恒『おれがあいつであいつがおれで』
47【シリーズ】重松清「季節風」
49重松清『くちぶえ番長』
49【シリーズ】あさのあつこ『バッテリー』
51湯元香樹実『夏の庭―The Friends』
51恩田陸『夜のピクニック』
53【シリーズ】「教科書名短篇」アンソロジー
53【シリーズ】柳田理科雄「金の空想科学読本」
53重松清『きよしこ』
56宮本延春『オール1の落ちこぼれ、教師になる』
56重松清『星のかけら』
56飯倉照平『南方熊楠―森羅万象を見つめた少年』(岩波ジュニア新書)
56【シリーズ】「眠れなくなるほど面白い」シリーズ
56井上ひさし『四十一番の少年』
56【シリーズ】「学研まんが 日本の古典」
62【シリーズ】「アンソロジー お弁当。」ほか
62向井愛美『いのちの花~捨てられた犬と猫の魂を花に変えた私たちの物語~』
62坪田信貴『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
62乾ルカ『向かい風で飛べ!』
62川上未映子『ヘヴン』
62百田尚樹『永遠の0 (ゼロ)』
62アンネ・フランク『増補新訂版 アンネの日記』
62𣏓木祥『八月の光・あとかた』
70森越智子『生きる 劉連仁の物語』
70林木林『二番目の悪者』
70辻村深月『凍りのくじら』
73松本人志『「松本」の「遺書」』
73【シリーズ】じん(自然の敵P)『カゲロウデイズ -in a daze-』
73重松清『きみの町で』
73長田弘『なつかしい時間』
73【シリーズ】廣嶋玲子「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」
73【シリーズ】ラストで君は「まさか! 」と言う (3分間ノンストップショートストーリー)
73桜井信一『下剋上受験―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!』
73現代の小説2021 短篇ベストコレクション
73横山秀夫『出口のない海』
73又吉直樹『第2図書係補佐』
73ピート・ジョンソン『両親をしつけよう!』
73仲宗根政善『ひめゆりの塔をめぐる人々の手記』
73住野よる『また、同じ夢を見ていた』
73朝井りょう『桐島、部活やめるってよ』
73米澤鐡志『ぼくは満員電車で原爆を浴びた: 11歳の少年が生きぬいたヒロシマ」
89【シリーズ】「1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作」
89住野よる『か「」く「」し「」ご「」と「』
89鈴木るりか『さよなら、田中さん』
89宮部みゆき『ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん』
89【シリーズ】秋木真「怪盗レッド」
89【シリーズ】「学校では教えてくれない大切なこと」
89井伏鱒二『黒い雨』
89井上ひさし『少年口伝隊一九四五』
89ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ
『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記』
89【シリーズ】水野圭哉「夢をかなえるゾウ」
89宮本輝『螢川・泥の河』
89野坂昭如『アメリカひじき・火垂るの墓』
89朝井りょう『時をかけるゆとり』
89三浦しをん『風が強く吹いている』
89綿矢りさ『蹴りたい背中』
89東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』
89山村サヤカ『女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法:
知的すぎる無期懲役囚から教わった99.99%の人がやらない成功法則』
89椋鳩十『マヤの一生』
スポンサーリンク
ランキング
ブックス雨だれ