森絵都『クラスメイツ』~中学1年生24人の1年間

森絵都「クラスメイツ」文庫本上下巻表紙
  • 小学校高学年から中学生におすすめ!中学一年生24人の一年間を綴る連作短編集
  • 朝読書にもおすすめです

森絵都さんの『クラスメイツ』は小学校高学年から中学生におすすめの連作短編!舞台は、とある中学校の1年を描いた物語。主人公は、クラスの全員。

男子にも、女子にも、本が好きな人も、本ををあまり読まない人にもおすすめ。朝読書でもよく読まれていたり、入試問題にもよく出典されている小説だよ!と聞くと、ちょっと読んでみたくなる人もいるかもね。あなたの物語がきっとここにある。

スポンサーリンク

本の紹介とレビュー

中学生になった。新しい教室、新しいクラスメイト。

仲のいい友だちと別れた心細さもあるけれど、いつの間にかポニーテールのえりあしにも慣れるし、制服のスカーフだってうまく結べるようになる。

中学生になった春から、次の春までを描いた連作短編。24人のクラスメイトが、めぐる季節を語りながら一年の物語をつないでゆく。同じ場所にいても、考えてることはバラバラで思いが通じないこともある。でも、やっぱりどこかでつながっている。

ちがう個性があつまったひとつのクラス。1年A組の一年間をつづる連作短編。

ひとつひとつの物語にそれぞれの個性が出ていて、それはまるで1年A組のクラス文集みたい。

もくじを紹介しようと思ったのだけど、それぞれのストーリーを一文紹介でラップ調にしてみたので聞いてください。いや、読んでください。韻とか踏んでないけど。←ならば、なぜラップ調と…

まずは<前期>から

中学生になったら変わりたいと思ってた (千鶴)
友達をひとりじめしちゃいけないの (しほりん)
ボケ役でやぶれかぶれ (蒼太)
美容院デビューでジョンかぶれ (ハセカン)
やっとみつけた あたしの親友 (里緒)
あたし、あした、告白しますって (アリス)
本当に手に入れたいものは その胸の中に (吉田君)
あの夏、ぼくに何が言えただろう (陸)
あたしは誰にも言えないひみつをひとり抱えてた (ゆうか)
あたしのことなんてだれも知らないくせに (美奈)
オレとあいつ 見ている景色はどう違うの (敬太郎)
しあわせはいつもおいしいごはんの中に (タボ)

そして<後期>へと

いつも結果がすべてなのかな (久保由佳)
盛り上げてくのはオレしかいない (心平)
私の居場所はここにあるの?
そうだよってことば待ってたんだ、ずっと (田町)
円周率なんてイラない、なんて今はわかんない (日向子)
至らないあいつのとばっちりばっかり (ノムさん)
からまわりしてズレちゃって (このちゃん)
キレちゃってたって調子狂わせ (近藤)
ぼくの音は君に届けよう (楓雅)
ほんとのところは私だってわかんない (レイミー)
本気になること いつからあきらめたんだろう (真琴)
やるときゃやるって 俺だって (イタル)
いまその扉をしめて、次のドアへと・・・ (ヒロ)

どうかしら。うまく歌えた?
言い忘れてたけど、男女のデュエットバージョンです。←どうでもいい情報

それぞれの物語、クラスの物語

1年間という短いあいだに、クラスメイトひとりひとりがそれぞれの問題とぶつかり、自分なりに向き合い成長していくのだが、その中で気にかかるのが、5月から不登校になってしまう田町さんの存在。

みんなが教室で切磋琢磨しているあいだ、まるで田町さんの物語だけぴたりと時間が止まってしまったかのように見える。田町さんの物語は、このクラスのキーポイントとなっている。

1学期から学校に来なくなり、2学期になっても登校してくる気配のない田町さん。

いじめられているわけでもないし、学校に不満があるわけでもない。じゃあ、どうして田町さんは学校に来ないのか。実はだれもその答えを知らないんだよね。もしかしたら田町さん本人も、自分がなぜ学校に行かないのかわかっていないのかもしれない。

田町さんから見たクラスメイトたちはみんな、中学生になり学校生活を楽しんでいるように見える。
地味でビリな自分とは違って。

でも、この本を読めばわかる。だれもが自分の持っていないものに劣等感をもち、多かれ少なかれ、ゆらぎ、もがいている。

クラス一の美少女アリスだって恋につまづくし、勉強ができる吉田くんにはどうしてもがんばらなくちゃいけない、よこしまな理由がある(←吉田くんの章は私のお気に入り)。すれ違うゆうかと美奈にもお互いのことが分かっているようで全然見えていない。

バラバラのひとりひとりが、ごちゃごちゃとぶつかって、泣いたり笑ったり、転んだり、手を差し伸べたりして、ひとつの教室になんとなくまとめられている。よくシャッフルされたトランプのように、おさまるところに具合よくおさまっている。ジョーカーが入る場所も、ちゃんとそこにあるから。

まだこの本を読んでいない読者のために、田町さんについてちょっぴりネタばれすると、学校にやってこない田町さんのこと気にかかっている心平・陸・ふけ顔ノムさんの三人は、田町さんの家に彼女を迎えに行くことに。彼女の物語も、1年のあいだにちゃんと動き出すから安心して。この本を読み終えた後は、教室をぐるりと見まわして、ひとりひとりの知らない物語を想像してみたくなる、かもしれない。

おすすめポイント

中学生活を綴った連作短編集です。中学生はもちろん、「中学校ってどんな感じかな」と思っている小学校高学年にもおすすめしたい。単行本と文庫本が刊行されていますが、表紙イラストのかわいい文庫本がお気に入り。

朝読書におすすめ

連作短編なので、朝読書にもおすすめです。中学生の朝読書でも人気のようです。

国語入試問題によく出る本

また、『クラスメイツ』は国語の入試問題にもよく出典されています。

 全国公立高校入試問題に出典
【2015年】北海道・広島県・宮崎県・鹿児島県
私立中学校国語入試問題に出典
【2016年】横浜共立学園中学校
【2015年】学習院中等科/学習院女子中等科/田園調布学園中等部/高輪中学校/帝京大学中学校/桐朋女子中学校/東洋大学京北中学校/文化学園大学杉並中学校/三輪田学園中学校/神奈川学園中学校/日本女子大学附属中学校/法政大学第二中学校/甲陽学院中学校

本をチェックする

上下巻セットです。単行本、文庫本が刊行されています。

出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA
発売日 ‏ : ‎ 2018/6/15
文庫 ‏ : ‎ 224ページ

出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA
発売日 ‏ : ‎ 2018/6/15
文庫 ‏ : ‎ 256ページ

この本もチェック

↓ 同じ作家の本を読みたいなら ↓
面白かったらこの本もおすすめ