森絵都『カラフル』~この世界は色で満ちている

  • BOOKS雨だれ】中学生におすすめ50冊
  • 第46回産経児童出版文化賞受賞
  • アニメ映画が文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞
  • 朝読書・読書感想文にもおすすめ

なにか本を読みたいけれど、どれを読んだらいいのかわからないという中学生におすすめしたいのが森絵都さんの『カラフル』。

中学生の女の子を主人公にした小説が多い森絵都さんですが、『カラフル』は男女問わず人気。

1998年の刊行から20年ものあいだ、多くの中学生たちに読まれてきた現代日本児童文学の殿堂書ともいえるロングセラー小説。次々に新しい小説が刊行される昨今、3年後にはもう「古い」と感じる小説も少なくない中で、流行に敏感な10代にこれほど長く読み続けられているのは、この小説の中に彼らの心をとらえる普遍的なテーマが含まれているからといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人生はやりなおせるのか

残念ながら死んでしまった主人公の「ぼく」。

どうやら生前に罪をおかしてしまったぼくはこのままでは輪廻転生のサイクルに戻ることができないらしいのです。しかし、ラッキーなことに、ぼくはもう一度生き返るチャンスが舞い込みます。

自殺した中学生「小林真」の体にホームステイして、自分が犯した「罪」を思い出すことができれば、再び輪廻転生のサイクルに戻ることができるのだと、プラプラと名乗る「天使」が言いました。

辞退しようとした「ぼく」ですが、どうやら断ることができないシステムらしいのです。せっかく、もう一度生き返るチャンスだというのに、辞退しようとするところが「ぼく」の弱気さを表していますが・・・。

仕方なく、半ば強引に「現実」の世界に引き戻されたぼく。しかし、そこは「ぼく」にとって居心地のいい場所とは言えません。プラプラの言葉を借りるなら「ハワイのような楽園ではない」ということです。人生がハワイのような楽園だと感じている中学生がいたら、それは何の失敗も悩みもなく、よほど充実した毎日を送っている人だけでしょう。

「小林真」はごく普通の中学生ですが、さまざまな悩みを抱えていました。自殺しようとしたくらいですからね。

「今となっては、なんで真がこれまで生きてこられたのかふしぎなくらい」だとぼくに同情されるほど、小林真の人生は不運だらけ。死んだ人に同情されるなんて小林真もちょっとかわいそうだけど。

家族も友人も進路も、小林真の人生はネガティブになることばかりでいいことなんてひとつもないように見えるけれど、見方を少し変えただけで、人生は全く違った方向に進むこともある。自分が思ってるほど、自分の人生も悪くないと思えたら上々です。行き詰っている人におすすめ。

やり直しはいつでもできる。

ファンタジーじゃなくったって。

あらすじ

「おめでとうございます、抽選にあたりました!」

死んだはずのぼくの魂の行く手をさえぎり、突然現れた天使が言った。

前世で大きな過ちを犯したぼくに訪れた、輪廻転生のチャンス。それは、自殺した中学生・小林真の体に「ホームステイ」して、自分がおかした「罪」を思い出すことだった。

真が生き返り喜ぶ父と母。しかし、間もなくぼくは小林真をとりまく不運な人生が見えてくる。

お父さんは自分さえよければよい利己的な人間だし、母親はフラメンコ教室の講師と不倫。嫌味ばかりの無神経な兄。学校では、これといって仲の良い友だちもいない。ある日、小林真は初恋の女の子が中年おやじとラブホテルに入っていくところを目撃してしまう。続いてそこから母親とフラメンコ講師が出てくるところも…。

ぼくは「小林真」として、家族、友人を関わり合い、生きる道を探していきます。「ぼく」がホームステイした小林真の人生は救われるのか!?そしてぼくは、自分の「罪」を思い出して、再び輪廻転生のサイクルに戻ることができるのか!?

読みどころ

①中学生ならだれもがぶつかる壁や悩みを描く

小林真は中学3年生。家族のこと、友人のこと、そして進路のこと、さまざまな悩みを抱えています。繊細で少し傷つきやすい少年・小林真に自分を重ねたり、共感できるという中学生も多いのではないでしょうか。

②リアルなのにコミカルで読みやすい

家族や友人の悩みを抱えて死を選んでしまうことは、とても重い内容です。森絵都さんは、あえてコミカルに描いています。

「ぼく」目線から「小林真」の人生を追体験するおもしろさも味わえます。普段あまり本を読まない人でもすんなりと小林真になりきれるのは、森絵都さんという作家の筆力のなせる業ですね。

③現実と非現実のあいだを描くファンタジーな展開

一度死んだぼくがほかの人の体にホームステイして中学生の生活を体験する、という非現実的な設定なのに、小林真の毎日ときたら嫌になるくらいに現実的だというギャップが、この小説のおもしろさです。このファンタジー的な展開が「あまりおもしろくなかった」という感想もありますが、いつかまた読み返してみてください。

自分の中には自分も知らない「自分」がまだ眠っている可能性があるというということに気づくかもしれません。

アニメ映画「Colorful」

2010年8月アニメ映画化され、劇場公開。
第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞ほか、映画賞を多数受賞。
監督:原恵一

声の出演:冨沢風斗、宮崎あおい、南明奈ほか

イメージソング、エンディングの歌をmiwaさんが担当。どちらもいい曲ですよ。

イメージソング:尾崎豊「僕が僕であるために」

エンディング:ブルーハーツ「青空」
そのほか、合唱曲もたくさん出てきます。原作と合わせて映画もぜひ。

ブックデータ

カラフル (文春文庫)
文藝春秋
¥670(2019/09/29 20:23時点)

受賞歴
第46回産経児童出版文化賞受賞
国語教科書でもおすすめ
森絵都さんの『カラフル』は小学校、中学校の国語教科書でも読書におすすめの本として紹介されています。
教育図書小学6年生/光村図書中学校2年生/東京書籍中学校2年生

単行本のただ真っ黄色な装丁も好きです。

著者プロフィール

森絵都(もりえと)

1968年生まれ、東京都出身。
早稲田大学第二文学部文学言語系専修卒業。1990年『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞し、デビュー。『カラフル』をはじめ、数々の児童文学を発表。2006年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞受賞。

【主な受賞歴】
『リズム』第31回講談社児童文学新人賞
『カラフル』第46回産経児童出版文化賞
『風に舞いあがるビニールシート』第135回直木賞
『みかづき』第12回中央公論文芸賞

こちらの本もおすすめです

『カラフル』が気に入ったら、こちらの本もおすすめです。

YA文学
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。
 

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。
 
BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています