魚住直子『園芸少年』~植物系男子の部活友情物語

『園芸少年』
  • 園芸部に入部した男子高校生たちが主人公
  • お互いのこともよく知らない3人が距離を縮めてゆく友情物語
  • 国語入試問題によく出る本

あらすじ

篠崎達也は高校一年生。どちらかと言えばおとなしめの性格の達也だが、まわりも似たようなタイプの生徒が集まっている、入学したのはそんな共学の進学校だ。

部活動も盛んというわけではなく、帰宅部も多い。中学校ではバスケ部に所属していた達也だが、運動が得意というわけでもなく、高校では部活に入るつもりはない。なんとなく過ごしているうちに、大学受験になり3年間なんてあっという間だろう・・・と思っていたのだが。

ひょんなことから存続の危機にある園芸部に入部してしまう。

これまた、ひょんなところで出会った不良系丸刈り男子の大和田一平とともに。さらにここに、段ボールをかぶった相談室登校男子・BB(ボックスボーイの略・大和田くんが名付けた)が加わって・・・。

花のことも、お互いのことも知らない3人が、戸惑いながらも少しずつ時間を共有し、お互いのことをわかりあい距離を近づけていく。植物系男子の友情物語。

ブックデータ

国語教科書でおすすめの本

平成28年度版光村教科書「国語」1年生「広がる読書」で紹介

高校国語入試問題に出典

【2017年】青森県公立高校国語入試問題に出典

私立中学校国語入試問題に出典

【2015年】大妻多摩中

園芸少年
講談社
¥1,430(2020/01/28 22:40時点)

あわせて読みたい

↓同じ作家の本を読みたいなら

この本が面白かった人におすすめの本です

本の感想おすすめレビューをお待ちしています