宮部みゆき『過ぎ去りし王国の城』

宮部みゆき『失われし王国の城』

お気に入りの物語や絵画を眺めながら、この世界に入りこんでみたいと考えたことがある人はいるはず。

わたしも、子どものころは夢中になっていたゲームの世界に入りこめたら楽しいだろうなぁと空想したものだ。RPGやミステリーゲームのファンタジックな物語にわたしは強く惹きつけられた。時々、ぼんやりしては、ゲームの中の登場人物たちの冒険を思い描いていた。ファンタジー小説は苦手だったのに、ゲームの中の物語にはいとも簡単に取り込まれてしまったのである。なんだか不思議。

同じように、物語や絵画、ゲームの中の世界に入りこんでみたい!!という人におすすめしたいのが、宮部みゆきさんの『失われし王国の城』。

スポンサーリンク

本の紹介

中学3年生の尾垣真は、ひょんなことから古城が描かれたデッサンを拾う。彫刻を飾った中央ドームからそびえるふたつの尖塔。立派なバルコニーもある。手前には、城を覆い隠すように森が茂る。

真がその絵に触れると、まるで洗面器の水に顔をつけて、その中をのぞいたような不思議な感覚で絵の中に意識が飛んだ。

その不思議なデッサンは、直接描きこむことで分身(アバター)を送り込むこともできる。絵心のない真は、美術部員でハブられ女子の城田珠子に協力を頼むのだが、山ツバメとして絵の中に入りこんだ真は、城の中にひとりの少女を見つける。

やがて、その少女は10年前に起こったある事件と関りがあることがわかり…。

絵の世界に入りこむという異世界のファンタジーは、ひとりの少女をめぐる悲しい現実世界を突きつける。

城田は言う。

-絵は作者の魂を映すものなんだ

-絵の中に入るってことは、作者の魂のなかに入るってことだよ

飛び込んだ非現実の世界で、彼らが出会ったのは、抗いようのない現実の世界。

それならば、いったい誰が、何の目的で古城のデッサンを描いたのか。

絵の中の城に閉じ込められた少女は何者なのか。

そして彼らは、少女を救うのか。はたまた救わないのか。

少年たちは小さな世界を変えることができるのか。

本をチェックする

出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA
発売日 ‏ : ‎ 2018/6/15
文庫 ‏ : ‎ 384ページ

内容(「BOOK」データベースより)

中学3年の尾垣真が拾った中世ヨーロッパの古城のデッサン。分身を描き込むと絵の世界に入り込めることを知った真は、同級生で美術部員の珠美に制作を依頼。絵の世界にいたのは、塔に閉じ込められたひとりの少女だった。彼女は誰か。何故この世界は描かれたのか。同じ探索者で大人のパクさんと謎を追う中、3人は10年前に現実の世界で起きた失踪事件が関係していることを知る。現実を生きるあなたに贈る、宮部みゆき渾身の冒険小説!

小学校高学年から読めるファンタジーミステリー。

この本もおすすめ

文芸(YA)
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント