YA文学

YA文学

重松清『エイジ』

【中学生、特に男子におすすめの本】中学2年生エイジの周りで通り魔事件が起こる。犯人はみんなの知っている人物だった…。国語教科書でも紹介されている重松清さんの『エイジ』。
YA文学

湯本香樹実『ポプラの秋』

『小学校高学年から中学生におすすめの本】大切な人を失った悲しみをそっと癒してくれる物語。
YA文学

『ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』~日本ではじめてアメリカを発見した少年

【中学生・高校生におすすめの本】。日本が鎖国を行っていたころ、海で遭難した14歳の少年がアメリカに渡った。彼はアメリカでこう呼ばれた「ジョン万次郎」の伝記小説
YA文学

八束澄子『明日へつづくリズム』

【中学生におすすめの本】広島県因島に暮らす中学生の千波。進路や家族のことで悩みを抱える少女の物語。
YA文学

森絵都『カラフル』~この世界は色で満ちている

【中学生におすすめの本】1998年の出版以来、20年ものあいだ、多くの10代に読まれてきた森絵都さんの作品「カラフル」。
YA文学

朽木祥『風の靴』~海へひと夏の冒険

【小学校高学年から中学生におすすめの本】夏の冒険小説。海が好きな人、家出したい人に、読書感想文にもおすすめです。第57回産経児童出版文化賞大賞受賞作
YA文学

桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

【中学生・高校生におすすめの本】「生き残った子だけが、大人になる。」桜庭一樹の初期傑作青春ミステリー。
YA文学

佐藤多佳子『第二音楽室―School and Music』

学校を舞台に音楽をテーマにした短編集 合唱・吹奏楽が好きな人におすすめ 教科書に掲載されている小説 学校×音楽=物語 長編『聖夜』と合わせて「音楽×学校」をテーマにしたシリーズ。吹奏楽や音楽が好きな人におすすめです。 ピアニカ...
YA文学

河合 二湖『深海魚チルドレン』~だれにも話せない悩みと向き合う

【中学生の女の子に】河合二湖さんの『深海魚チルドレン』は、トイレが近いことが悩みの中学生の女の子・真帆の物語。
YA文学

濱野京子『石を抱くエイリアン』

震災をテーマにした物語 ずっと変わらないとおもっていた 2010年ー2011年3月、中学3年生だった彼らの物語。 当たり前に、ずっとそこにあると思ったものが永遠でないと知る。 それを知ったとき、大人に近づいてしまうんだと思う...
YA文学

このままだと、俺たち絶滅しちゃうと思わないか?~重松清『ゼツメツ少年』

【中学生・高校生に】<センセイにお願いがあるのです。僕たちのことを小説にしてくれませんか?>小説家のセンセイの元に届いた3人からの手紙。センセイは彼らを救う物語を描き始める。
YA文学

川島誠『神様のみなしご』~人生のすべては、大人の都合である。

【中学生におすすめの本】海辺の養護施設・愛生園ですごす「ワケあり」な少年少女たちの物語。
YA文学

村田紗耶香『マウス』

【中学生・高校生におすすめの本】村田沙耶香さんの作品の中でも読みやすく、中学生からおすすめの1冊です。自分のことを内気だという5年生の女の子・律(りつ)と、ちょっと変わった女の子・瀬里奈の友情物語。
YA文学

相沢沙呼『雨の降る日は学校に行かない』

【中学生の女の子におすすめの本】教室の中にうまく自分の居場所を見つけられない女の子たちの6つの物語。学校がきらい、学校に行きたくない人にそっとおすすめ。
YA文学

草野たき『反撃』

【小学校高学年から中学生におすすめの本】どのクラスにもいるような、おとなしめのふつうの女の子たち。自分の武器をもち、静かに立ち上がる5人の中学生女の子の物語。