道尾秀介『向日葵の咲かない夏』

向日葵の咲かない夏
  • 対象は中学生以上。ラストのどんでんがえしにどきっとするあっと驚くミステリーが好きな人に
  • ミステリーランドシリーズ
スポンサーリンク

本の紹介(あらすじ)

小学4年生の夏。
明日から夏休みに入るという日、僕は担任の先生に頼まれて学校を休んでいるS君の家にプリントを届けに行った。S君の家に向かう途中、僕は空き地でおかしな格好で死んでいる猫の死体を見つけてしまう。そのころ町では、犬や猫のおかしな死体が立て続けに見つかっていた。悪質な悪戯だ。

S君の家についた僕は、そこで首を吊っているS君の死体を発見してしまう!?

急いで学校に戻り先生に伝えるが、警察が駆け付けた時には、もう死体はなくなっていた。

1週間後、S君は僕の目の前に現れた。やはり死んでしまったS君は、クモに姿を変えて生まれ変わったらしい。「僕は殺されたんだ」と訴えるS君の事件の真相を、僕と4歳の妹・ミカとS君の3人で追うが…。

本をチェックする

小学生が主人公のミステリーですが、小学生にはおすすめしません。あっと驚くラストを味わいたい人におすすめです。

文庫: 470ページ
出版社: 新潮社
ISBN-13: 978-4101355511
発売日: 2008/7/29

続けて読みたいおすすめの本

面白かったらこの本もおすすめ
文芸(YA)
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント