高山一実『トラペジウム』

高山一実『トラペジウム』
スポンサーリンク
  • 乃木坂46メンバー高山一実の初小説
  • アイドルに憧れる高校生が主人公
  • 個性的なキャラクター、コミカルな展開の青春小説

あらすじ

東ゆうは地方にすむ高校一年生の女の子。

アイドルに憧れている東ゆうは、ある計画を企てていた。それは、市内の東西南北のかわいい女の子たちを集めて仲間にすること。

3人の美少女・華鳥蘭子、大河くるみ、亀井美嘉と仲良くなり、トップアイドルをめざして密かにあれこれと作戦を練るのだが、思うようにうまくいかないことも…。アイドルになるという夢に向かって突っ走る!まっすぐでコミカルな青春小説。

ねこ
ねこ

かずみんのアイドルへの熱い思いが込められています。表紙もかわいくてお気に入りの1冊になりました♬

ゆう
ゆう

個性的なキャラクターとテンポのよいコミカルなストーリーで、2時間ほどで一気読みでした。前向きにどん欲に夢に向かう東ゆうちゃん、応援したくなります!

登場人物

アイドルになるための”輝く星たち”を探し求めた東ゆうが見つけたのは、彼女の夢を支えてくれる大切でかけがえのない存在でした

(東)東ゆう…この物語の主人公。城州東高校1年生。カナダに住んでいた経験があり、特技は英語。アイドルになるため、SNSはしない!彼氏は作らない!がモットー。

(南)華鳥蘭子…聖南テネリタス女学院。「エースをねらえ!」のお蝶夫人を実写化したようなお嬢様系美少女。

(西)大河くるみ…西テクノ工業高等専門学校。とにかくかわいい生粋の萌え系美少女。特技はプログラミング。ロボットが好き!

(北)亀井美嘉…大きな目と通った鼻筋、色っぽさを兼ね備えた美少女。ボランティア活動もしている。

現役トップアイドル・高山一実の初の長編小説

著者の高山一実さんは、乃木坂46の第一期メンバー。2011年乃木坂の第1期メンバーオーディションに合格。この小説は、雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載された初の長編小説です。

そのまっすぐさと一生懸命さが、思うようにうまくいかなくて落ちこむこともあるけれど、そのたびに夢を思い出してひたすら走る東ゆうちゃんの姿が愛らしい青春コメディです。

アイドルがアイドルになりたい女の子を主人公に描く、という発想がおもしろいですよね。自身のアイドルの経験を投影しているというよりも、「アイドルになりたい女の子」の思いがまっすぐ忠実に描かれているなと感じました。きっと、この小説を描いている時はアイドル・高山一実ではなく、文学少女としての彼女自身だったんじゃないかな。

その中で、アイドルとしての本音が現れているなと感じた文章があります。

自分という存在を嘘のベールで包むのか、それともはぎ取るのか。無数の選択を毎日のように迫られる。この生活には慣れたものの、未だに自分が自分でなくなることは多い。アイドルの使命は自分のパーソナルプロデューサーを担い続けることだった。

迷いながらも自分の道を進んでいく。これからの自分自身への決意のような力強さを感じます。

本をチェックする

『トラペジウム』がおもしろかったらこちらもおすすめ

 

一般小説
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています