瀬尾まいこ『天国はまだ遠く』

  • 死ぬつもりでやってきた山奥の民宿で見つけたのはささやかでかけがえのない日々でした
  • 毎日に疲れた人に贈りたい瀬尾まいこおすすめの1冊
スポンサーリンク

本の紹介(あらすじ)

ずっと前から決めていた。今度だめだと思ったらもうやめようって。

営業の仕事もうまくいかず、毎日プレッシャーに押しつぶされそうな日々に耐えられなくなった主人公の千鶴。貯金を全額おろして乗り込んだ特急の終着駅でタクシーをひろい、できるだけ遠い北の町へと向かう。

死ぬのには、ある種の勇気が必要だ。

冬を前にした北国は寒い。
たどり着いたのは、山奥の小さな「民宿たむら」。

気のよさそうな恋人に別れを告げるメールを送信し、ありったけの睡眠薬を一度に飲み込み最後の眠りにつく。

大丈夫。死んだって何もない。天国も地獄もない。闇も苦痛もない。何も考えることもない。死んだらそこで終わり。全てを終えることができるのだ。他には方法がない。もうこれ以上あの日々を続けることには耐えられない。これを飲めば、あの日々から解放される

はずだった……。

次に目覚めたとき、彼女を待っていたのは太陽が輝く爽やかな朝だった。

まさか、自殺をしくじってしまうなんて。

死ぬつもりだったのに、死ねなかった千鶴の中に、もう死にたい気持ちは薄れていた。大自然の中で千鶴は少しづつ心を癒されていくのだが…。

生きるためにはエネルギーが必要だ。仕事や人間関係や生きる上でエネルギーを消費することはたくさんある。エネルギーが足りなくなったら、またゆっくりと集めていけばいい。

天国までの道のりはまだまだ時間がかかりそうだ。

本をチェックする

映画「天国はまだ遠く」

2008年劇場公開

【監督・脚本】長澤雅彦

【主演】
加藤ローサ、徳井義実(チュートリアル)

続けて読みたいおすすめの本

↓ 同じ作家の本を読みたいなら ↓
面白かったらこの本もおすすめ
文芸(一般)
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント