中田永一『百瀬、こっちを向いて。』

YA文学
  • 青春・恋愛短編集
  • 女の子も男の子も味わえる恋愛小説
  • 映画原作
スポンサーリンク

小さな恋の物語

*もくじ*

「百瀬、こっちを向いて。」「なみうちぎわ」「キャベツ畑に彼の声」「小梅が通る」

***

極上の胸キュンが味わえる4つの切ない恋の短編集。
先輩に頼まれて、ある女子・百瀬の彼氏役を演じる「百瀬、こっちを向いて。」
5年間眠ったままの状態から目を覚ました姫子のものがたり「なみうちぎわ」
ひょんなことから、国語教師の秘密を知る「キャベツ畑に彼の声」
元モデルの美人さんなのに、ブスメイクで高校生活をひっそりと目立たずに送ろうとする「小梅が通る」

 

「小梅が通る」がよかったな。じぶんはぜんぶじぶんなのだとわかっているけれど、人から見られている自分が果たして本当の自分なのかな、と考えてしまうことってあるもの。

いちばん好きなのは、「なみうちぎわ」かもしれない。この中では、乙一っぽさが出ている。
(著者・中田永一は乙一の別の著者名だったりします)

映画「百瀬、こっちを向いて。」原作


2014年劇場公開
監督:耶雲哉治
出演:早見あかり、竹内太郎、石橋杏奈
「ももいろクローバー」を脱退した早見あかりさんの初の長編映画主演作。少しツンとして強がりしちゃう百瀬に早見あかりちゃんがぴったりでした。
大人になったノボル役で向井理さんも出演しています。

*本をチェックする*

この本もおすすめです

中田永一さんは、2005年、恋愛アンソロジー『I LOVE YOU』の中の短編「百瀬、こっちを向いて。」で彗星のごとくデビュー。

愛とか恋とか語り切れない、だから恋愛アンソロジー『I LOVE YOU』
【高校生・大学生におすすめの本】伊坂幸太郎、市川拓司、中田永一ら6人の人気作家による恋愛アンソロジー。
作家・乙一の絶対に読みたいおすすめ本8冊!
ミステリー、ホラー、青春小説…謎めいたストーリーと驚きの展開で読者を物語に惹きつける魅力的な作家・乙一ファンの私が選ぶ、10代にぜひ読んで欲しいおすすめを紹介!
胸がきゅんと切なくなる!おすすめ青春恋愛映画の原作本10冊
恋愛映画は好きですか?中学生・高校生におすすめの胸がきゅんと切なくなる恋愛映画の原作小説を紹介します。

コメント