レインボー・ローウェル『エレナーとパーク』~エレナーがいないとだめなんだ

エレナーとパーク

胸がずきゅんとしちゃう恋愛小説が読みたいなぁ。おすすめを1冊ください。

胸ずきゅんのとびきりな恋愛小説ありますよ!『エレナーとパーク』は、ちょっと浮いてる高校生ふたりの恋愛を描いた青春ラブストーリー。ニューヨークタイムズのベストセラーリストに12週連続でランクインした人気作品です。こちら、ただいま映画製作の話が進行中みたいですよ。※

スポンサーリンク

本紹介

パークは、UKロックを聴き、コミックが好きな韓国系ハーフの16歳。高校では少し浮いている。

ある日、スクールバスに赤毛の転入生が乗ってきた。

転入生の女の子は深く息を吸い込むと、通路を歩きはじめた。だれもそっちを見ようとしない。パークも見ないようにしたけど、だめだ、列車事故か、月蝕(げっしょく)かって感じ。目が引きつけられる。

エレナーは大柄で、男物のシャツをはおっている、髪の毛は真っ赤なうえにひどいくせっ毛。
当然、だれも席を譲ろうとしない。パークはしぶしぶエレナーに席を譲り、彼女はパークの隣に座った。お互い、最初の印象はよくないけれど、これが、エレナーとパークの物語のはじまり。

バスの中でいつもコミックを読んでいるパークは、ある日、彼女が視線を落としてパークのコミックを読んでいることに気付く。パークは、エレナーが読みやすいように、ページをゆっくりめくるようになった。

パークって、自分のことをちょっと外れた存在って思ってるけど、めっちゃいい子なんだよね。

それで?それで?

パークはエレナーにコミックや音楽を貸すようになり、ふたりの距離は少しづつ縮まっていく。パークの趣味にも彼自身にも惹かれていくエレナー、エレナーを知るにつれて彼女にのめり込んでいくパーク。しかし、エレナーは、パークには知られたくない問題を抱えていた。

なぜ、エレナーがいつもあんな妙な恰好をしているのか。
なぜ、いつも怒ったような態度なのか。
なぜ、わざわざまわりから浮くようなことをしているのか。

「エレナーが好きなんじゃない。エレナーがいないとだめなんだ」

「パークのこと、好きじゃない。あたし、パークのために、生きてるんだと思う」

パークを想ってるかって?パークの中に溶けてしまいたい。パークの腕が止血帯みたいにぎゅっと抱きしめてくれたら。どれだけあたしがパークを必要としてるか知ったら、パークは逃げてしまうだろう。

エレナーはすてきなんかじゃない。エレナーはアートだけど、アートは必ずしもすてきじゃない。アートっていうのは、人になんらかの感情を起こさせるものだから。

複雑な家族の問題を抱え、安心のできる場所を持たないエレナー。パークは心の支えになることはできても、彼女の問題に深く立ち入ることはできない。16歳の切ない恋愛の行方はどうなるのか。

ふたりの熱い想いに胸のきゅんきゅんが止まらない。と同時に、エレナーに幸せになって欲しい、という気持ちで一気読みでした。

※本著あとがきでは、ドリームワークスによる映画化製作が進行中とのことでしたが、こちらは実現せず。現在は別の製作会社と映画化の話が進行中のようです。いずれにしても楽しみ。

受賞歴など

ボストングローブ・ホーンブック賞受賞
マイケル・L・プリンツ賞ノミネート
ドイツ児童文学賞

本をチェックする

エレナーとパーク Eleanor&Park
辰巳出版
レインボー・ローウェル (著), 三辺 律子 (翻訳)

出版社 ‏ : ‎ 辰巳出版
発売日 ‏ : ‎ 2016/1/31
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 406ページ

おもしろかったらこの本もおすすめです


文芸(YA)
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント