辻村深月『オーダーメイド殺人クラブ』

  • 中学生におすすめの辻村深月小説
  • 死に憧れる少女の猟奇的殺人計画の行方は…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ

「徳川。私を、殺してくれない?」
小林アンは中学二年生。
いつも一緒にいる芹香や倖とは、好きな男子の話で盛り上がるリア充系だが、その関係はいつも不安定だ。 ある日突然、急に声をかけられなくなったかと思うと、ふとしたきっかけでまた仲が復活する。

芹香や倖と一緒に過ごすことは嫌いではないけれど、自分は彼女たちとは少し違う。

些細なことで不安定になる女の子同士の関係性や少女趣味なママとの関係性にストレスを感じているアンが、人知れず心惹かれているのは「死」に関するものだ。

机の引き出しには、「殺人」や「自殺」「事故」など「死」について書かれた新聞の切り抜きを集めている。

ある日の帰り道、アンはクラスメイトの徳川(彼の渾名はショーグンJr.)が草むらに置いた不審なビニール袋を見つける。 袋の下から溢れ出る赤黒い液体。 それは徳川が放置した生き物の死骸だった。

クラスの中でも異彩を放つ不気味さを持つ昆虫系男子・徳川にアンは自分ににた匂いを感じる。母親に机の引き出しの中を見られ、学校にも家にも絶望したアンは、徳川に自分の殺害を依頼する。

特別な存在になるために、ふたりの殺人計画がはじまる…。

ブックデータ

文庫: 480ページ
出版社: 集英社 (2015/5/20)
ISBN-13: 978-4087453133
発売日: 2015/5/20

あわせて読みたい

YA文学
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。
 

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。
 
BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています