辻村深月『オーダーメイド殺人クラブ』〜私を、殺してくれない?

  • 辻村深月が描く痛くて苦い中学生青春小説
  • 死に憧れる少女の猟奇的殺人計画の行方は…
スポンサーリンク

本の紹介

小林アンは中学二年生。いつも一緒にいる芹香や倖とは、好きな男子の話で盛り上がるクラス上位のリア充系女子。

芹香や倖と一緒に過ごすことは嫌いではないが、急に声をかけられなくなったり、ふとしたきっかけでまた仲が復活したり、些細なことですぐに不安定になる関係性にストレスを感じている。

自分は彼女たちとは少し違う。

アンは、「殺人」や「自殺」「事故」など死や猟奇的なものに、密かに惹かれていた。

ある日、アンはクラスの中でも異彩な不気味さを放つ昆虫系男子・徳川(彼の渾名はショーグンJr.)が草むらに置いた不審なビニール袋を見つける。袋から溢れ出る赤黒い液体、それは、生き物の死骸だった。徳川なら…。

友だちやママとの関係性に心底失望しているアンは、徳川にある依頼を持ちかける。

「徳川。私を、殺してくれない?」

特別な存在になるために、ふたりの殺人計画がはじまる。

本をチェックする

文庫: 480ページ
出版社: 集英社
発売日: 2015/5/20

あわせて読みたい