高橋邦典『戦争がなかったら3人の子どもたち10年の物語』

『戦争がなかったら』
  • 中学生におすすめ
  • 戦争と平和について知る本
  • 世界を知るノンフィクション

南アフリカのリベリア共和国という小さな国では、長い間激しい内戦が続きました。著者がこの内戦で出会った3人の子どもたちの、その後を取材しています。

スポンサーリンク

内戦は終わったけれど…

少年兵として戦争に参加していた13歳のモモ。

砲弾で右手を失った6歳の少女ムス。

誘拐され少年兵にされた14歳のファヤ。

戦争が終われば平和でいい暮らしができるはずという希望は、必ずしもすべての子どもには当てはまらないようです。

彼らの人生は戦争によって方向づけられ、戦争が終わり、行き場を見失っているようにも思えます。

もちろん、まだ希望を捨てるような年齢ではないけれど。

もしも戦争がなかったら…。

そんな思いをずっと抱いて生きるのも、つらいだろうな。

本をチェックする

単行本: 192ページ
出版社: ポプラ社
ISBN-13: 978-4591136539
発売日: 2013/11/15

フリージャーナリスト高橋邦典

フリージャーナリストの高橋邦典さんは、宮城県の出身。東日本大震災の知らせを受けたのも、内戦地を取材中のことだった、すぐに帰国し故郷の宮城県へと足を運んだ高橋さんは、被災地の様子を取材しています。

この本もおすすめ

ノンフィクション
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント