東野圭吾『カッコウの卵は誰のもの』~才能とはなにか

スポーツ | ミステリー |

  • スポーツミステリー、スポーツ小説
  • スポーツ・スキーが好きな人に
  • 冬におすすめの本
  • 遺伝子・科学のお話が好きな人に

その才能はだれのものか?

スポーツや音楽、将棋や芸術、もちろん文芸の世界も、一流と呼ばれる人はみななんらかの「才能」を持った人たちだ、と思う。

もちろん才能だけでは無理だ。その道のトップに立つためには、才能とそれ以上の努力が必要だ。

「才能」とは天性のもの。

欲しくて手に入れられる類のものではない。

あるいは、「欲しい」思いとは別に「与えられてしまう」ものであるとも考えられる。

緋田風美(かざみ)は、注目の若手スキープレイヤー。

父の緋田全宏昌も、オリンピック出場経験のあるアルペンスキーのトップ選手だった。

ある日、スポーツ科学の研究者である柚木が緋田宏昌のもとを訪れる。柚木の研究によると、風美は、トップアスリートに特化したFパターンと呼ばれる組み合わせの優れた運動遺伝子を持ち合わせているのだという。

柚木はオリンピック選手でもある父・緋田宏昌の遺伝子も研究したいと協力を依頼するのだが、緋田は強く協力を拒んだ。

緋田には、風美の出生に関して誰にも話せずにいた秘密があった。
「もしかしたら風美は、自分の娘ではないのではないか」

風美が生まれて間もなく、妻が亡くなった。

ベランダからの転倒、事故とも自殺とも考えられた。

妻が自ら命を絶つ心あたりはなかった。

数年後のある日、引き出しの中から「新生児行方不明」の古い新聞記事を見つけた時、その疑問は緋田の心に強く焼き付いた。

スキーの大会で長期海外遠征中に出産した妻には、秘密があったのではないか。

もしも風美が真実を知ってしまったら・・・

風美の出生の秘密を探られまいとする緋田だが、

そんな折、北海道の合宿に参加する風美に向けたある脅迫状が届く・・・。


画像リンク:楽天ショップ

一方、風美と同じように、Fパターン遺伝子を持つ青年・鳥越伸吾。

伸吾はFパターン遺伝子を持つという理由だけで、経験もないアルペンスキーを始めることになります。一流の選手になれるという才能が保証されている伸吾。その才能は、スキー選手であれば誰もがのどから手が出るほど欲しいもの。しかし伸吾自身は、そんな才能には興味がない。

音楽が好きな伸吾は、どうせなら音楽の才能があったらいいのに、と思う。むしろ、そんな才能もなくたっていいと言い切る伸吾。

才能とは何だろうと風美は思った。

それがあるために苦しむというようなことはこれまで考えたこともなかった。だが振り返ってみれば、逆のことならばいくらでも知っているのだ。どんなにスキーを愛していても、才能がなければ勝てない。

ところで、みなさんは「カッコウ」という鳥を知っていますか?

カッコウは托卵といって、他の鳥の巣に自分の卵を産み落とし、その鳥に自分の卵を育てさせるという習性がある。

この小説は、「Fパターン遺伝子=才能」をカッコウの卵に見立て、才能とはいったい何か?という、だれもが一度はぶち当たったことがあるだろう葛藤がテーマのひとつになっている。

才能が、一流のアスリートを作る第一条件なのだとしたら・・・

それなら、あなたは一流を目指すことを諦めますか?

あるいは、あなたに才能があるとして、

それが自分の欲しいものではないとしたら・・・

読みながら何度も、悶々とします(・´з`・)

雪の北海道を舞台に繰り広げられるウインタースポーツミステリー。

スポーツの好きな人!

あまりウィンタースポーツはしないよ、という人も

冬季オリンピックを前にぜひ読んでみてください。

ドラマ原作

WOWOWにて連続ドラマ放送。

緋田風美・・・土屋太鳳

緋田宏昌・・・井原剛志

スポーツ万能な土屋太鳳ちゃんにぴったりのキャスティング。スキーも得意だそうで、スキー姿が板についていました。

東野圭吾原作を連続ドラマ化「カッコウの卵は誰のもの」

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーリンク