重松清『希望の地図3.11から始まる物語』~震災ドキュメント小説

『希望の地図』
  • 中学生におすすめ東日本大震災のドキュメント小説
  • 日刊ゲンダイにて2011年9月より2012年2月まで連載
  • 中学校国語教科書でも紹介
スポンサーリンク

あらすじ

2011年3月11日におこった東日本大震災。フリーライター田村彰とひきこもり中学一年生のコンビがあの日以降の被災地の「いま」を取材して歩くドキュメントノベル。
物語に登場する田村彰は、著者・重松清さんのフリーライターとしてのペンネームのひとつ。

被災地と、被災者と、自分はつながりがないと思っている人にぜひ読んでみて欲しい。少し、近くに感じられるといいなぁ。

(P205)俺たちの取材は『希望の地図』という題名で連載しているわけだけれど、それは『絶望の地図』と表意一体なんだよな。前に向かって進む『希望』の隣には打ちひしがれた『絶望』もあるんだ。それを絶対忘れちゃいけないんだよ。

モデルになった企業たち

ノンフィクションをもとにしたこの小説に登場する企業や施設はすべて実在します。

本作に登場する取材先のみなさん

国語入試問題に出た本

私立中学校国語入試問題に出典

【2016年】佼成学園中学校

著者プロフィール

重松清
1963年岡山県生まれ。
出版社勤務を経て、1991年『ビフォア・ラン』でデビュー。学校を舞台に10代の心情を描いた小説も多く、多くの作品が映画化やドラマ化されベストセラーを生み出している。国語入試問題によく出典される作家としても、10代にお薦めしたい作家。
【主な受賞歴】
『ナイフ』坪田丈二郎文学賞受賞
『エイジ』山本周五郎賞受賞
『ビタミンF』直木賞
『十字架』吉川英治文学賞


重松清の本をチェックする

本をチェックする

震災について書かれた本をもっと知りたいという人はこちらをチェック。

▶震災の本リスト

 

YA文学ノンフィクション
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています