村田紗耶香『マウス』

村田沙耶香『マウス』
中学生・高校生にもおすすめ村田沙耶香さんの小説
ふたりの女の子の友情物語
村田紗耶香さんが苦手な人にも読んで欲しい

こんにちは(*´ω`*)

今日、みなさんに手渡したいのはこちら。

村田沙耶香さんの作品の中でも読みやすく、中学生からおすすめの1冊です。自分のことを内気だという5年生の女の子・律(りつ)と、ちょっと変わった女の子・瀬里奈の友情物語。

スポンサーリンク

律と瀬理奈をつなぐ「くるみわり人形」

クラス替えでは、自分と同じような大人しい友だちを見つけて自分の居場所を守る。新しいクラスには、声も出さずいつも宙をぼんやりとながめているような「浮いてる」子瀬里奈がいた。ちょっとしたことですぐに泣きだし、いつもどこかへ消える瀬里奈にクラスは腫れものを触るように離れている。ある日、律は泣きだして飛び出した瀬里奈の後を追って…。

ちょっと変わった女の子の友情物語。瀬里奈にいたっては、彼女自身が変わっていると通りこし「独特」でもあるのだけど。人ごみ大きな音を怖いと感じる彼女は、現実世界に堪えられなくなった時、自分で作り上げた「灰色の部屋」に閉じこもる。しかも、うす暗く音のないその世界をすごく素敵な場所と信じて疑わない。

そりゃそうだよな、自分で作った世界だからなぁ。

そのことがなんだか苛立たしい律は瀬里奈が灰色の世界に行かせないために、彼女の世界に鮮やかな色彩を流し込もうとする。律が図書室から選んだのは『くるみわり人形』。嫌がる瀬里奈に律は無理やり物語を読み聞かせる。この『くるみわり人形』の物語が、瀬理奈の中に色を流し込み、世界と彼女をつなぐ小さな糸となる。

閉じこもった「自分」の扉を開ける鍵は…

『ギンイロノウタ』や『授乳』など、村田沙耶香さんが描く10代の少女たちの中にある濁った空気や不快感はない。これらの作品の中での少女は「ひとり」で完結しているが、『マウス』はふたりがいることで世界が開かれていく。

律も瀬里奈も自分は「こんな子だから」と自分で作った居心地のいい箱の中に閉じこもっているのだけれど、思いもよらず開けるきっかけをもたらしたのは、自分と同じ女の子。外の世界へとつながる、内側から開けることのできないその扉の鍵を持っていたのは「友だち」だった。友情が心に響きます。

2016年に『コンビニ人間』で第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さん。コンビニでアルバイトをしながら本作を書き上げたというユニークなエピソードも。「クレイジー沙耶香」と呼ばれるなど、小説の独特な作風に作品の評価も人によってまちまち。

ちなみに私にとっては、作品をすべてチェックしたいお気に入りの作家さんの一人。

作品によっては、10代に大きな声でおすすめしずらいものもありますが、こちらの作品はどなたにもおすすめです。学校図書室にもOK!

国語入試問題に出た本

私立中学校国語入試問題に出典

【2015年】桜美林中学校

*本をチェックする*

コメント