松本こうじ『ウサギとカメとボク現代版むかしばなし』

『ウサギとカメとボク』
  • 中学生・高校生の朝読書に
  • おすすめシュールな物語が好きな人に
  • あの有名な昔話のパロディです
スポンサーリンク

*もくじ*

本作の中で料理されちゃってるむかしばなしたちはこちらです。( )内はもとネタになっている昔話です。

・ウサギとカメと少年 (うさぎとかめ)
・カメに恩返し (うらしまたろう)
・ネズミが猫にプロポーズ (ねずみのよめいり)
・本物の鬼とおにごっこ (ももたろう)
・現代版 ツルの恩返し (つるのおんがえし)
・世渡り上手なウサギが海を渡る (いなばのしろうさぎ、かちかちやま)

シュールな昔ばなしパロディ

怪しげな夢子さんのイラストに「現代版むかしばなし」というサブタイトル、ひと目で惹かれてしまいました。グロかったらどうしよう~、とドキドキしつつちょっとずつページをめくるが、 私の期待をよそに(?)、胸くそ悪くなるようなシーンは全くありません。ご安心を。

健全な物語集です(笑)

一話ごとにさっぱりあっさりと話は完結します。だれもが知っているむかしばなしをモチーフに現代の若者や社会をぴりっと風刺した作風は、つい苦笑してしまう、といった感じ。

著者の松本こうじさん、イラストレーターの夢子さん、どちらも初耳の方。特に著者は、現代を風刺するスタイルからイマドキのお若い方かな、なんて思ったら、1959年(昭和34)年生まれ。私の母と同世代!?ってことにまずオドロキ。会社勤務のかたわら短編のパロディやエッセイを執筆し、本作品がデビュー作。

夢子さんは、生年月日は不明ですが(女性に年齢をそうやすやすと聞いてはいけません)、「謎解きはディナーのあとで」の中村祐介さん同様、ジャケ買い力のあるイラストレーターさんになりそう。来年は、出版界からもさらに声がかかるんじゃないかしら。

主人公は亀井一少年。「ウサギとカメと少年」では、カメをいじめちゃってたりして、「なんだかなぁ~」なのですが、亀井少年が、ちょっと不思議な現代のむかしばなし的体験を通して、少しずつ成長していくさまが、なかなか面白かったです。

リアル系かと匂わせての、ファンタジー系。まぁ、よく考えたらむかしばなしってそうだから。

気に入ったのは、「ネズミが猫にプロポーズ」と最後の「世渡り上手なウサギが海を渡る」。ラストはむかしばなしっぽく、どこかほんわかした気持ちになれます。

 

YA文学
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
人気本ランキング
森絵都『カラフル』

直木賞作家でもある森絵都さんのベストセラー小説。本選びに迷っている中学生にとりあえずわたしがすすめる本第1位。

和田秀樹『受験のシンデレラ』

精神科医であり、東大合格のためのゼミナールを運営するなど受験アドバイザーとしても活躍している和田秀樹さんが受験のノウハウをつめこんだ受験小説です。受験生におすすめの本としても紹介しています。

重松清『きみの友だち』

中学生を主人公にした小説を数多く手がけている人気作家・重松清さんの小説の中から、”友だち”をテーマにした連作短編です。重松清さんの小説はどれもおすすめです。

BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています