中脇初枝『わたしをみつけて』~いい子でいればもう捨てられない

胸にせまるぐっとくる小説です
『きみはいい子』とあわせてどうぞ
第27回山本周五郎賞候補作

弥生と名乗ると、いつも三月生まれかと聞かれる。

彼女は三月生まれじゃない。三月に捨てられたのだった。

弥生は、准看護師として病院に勤務している。

父のことも母のことも知らない。

幼いころに親に捨てられて、施設で暮らしてきたから。

そんな弥生にとって、准看護婦として働いている病院も一間の小さなアパートも、やっと手に入れた自分の場所だ。

嫌な医者にもあたりさわりのない笑顔で応じ、正看よりも有能にみられるように気を利かせて働く。

いい子でいなければ、受け入れてもらえない。

いい子でさえいれば、居場所を追われることもない。

もう二度とだれにも捨てられたくない。

嫌われないように、余計なことをしないように。

そうして、彼女は自分の居場所を守ってきた。

弥生の勤める病院に新しい看護師長が来てから、彼女の中で何かが少しずつ変わり出す。

看護師を見下している医者。

娘に罵りの言葉をぶつけ続ける老いた母親。

病院で人が死ぬということ。

雨の日に聞こえた、どなり声と子どもの声。

おかしいと感じながら、そう感じないことに慣れっこになっていたことに、向き合い始める。

どんなに望んでも、手に入れられないものが、わたしにはたくさんあった。

自分のほんとの名前。ほんとの誕生日。

もしかしたら、いるかもしれない、おにいちゃんとおねえちゃん、妹と弟、おじいちゃんとおばあちゃん。

だれもみつけてはくれなかった。

自分でもみつけられなかった。(本文より)

どんなに望んでも手に入らないものは、手に入れるべきではないものなのかもしれない。みんなが自分にはないものを持っているように見えるけれど、それはただの見せかけだ。

だれもがみんな「持たないもの」を持っている。

だれもがみんな、その人だけのものをちゃんと持っているのだから。

菊地さんが話してくれた元同級生の渡邊さんのはなし。

養女だった渡邊さんは、東京で実の父親を探すが、それは決して幸せな結末にはならなかった。印象深く残った。

この物語の舞台は、中脇初枝さんの連作短編『きみはいい子』の舞台となった同じ町。

続編ではないけれど、『きみはいい子』を読んでからこちらを読むといいかもしれません。何度読んでも泣いてしまう。

スポンサーリンク

おすすめポイント(受賞歴など)

BOOKS雨だれ第27回山本周五郎賞候補作

ドラマ「わたしをみつけて」原作

出演:瀧本美織、鈴木保奈美

全4話と短いドラマ放送でしたが、評判は良かったようです。

ドラマ見逃しましたが、見たかったな。

原作がとてもよいので、ドラマがよかった方はぜひ本も読んでみてください。

あなたにおすすめブックリスト

 

コメント