ロバート・ハインライン「夏への扉」

ロバート・A・ハインライン「夏への扉」表紙:不朽のSF名作、タイムトラベル小説の金字塔

自分の好きなことをよく知っているつもりだ。こんな風に生きたいという、ぼんやりとしたビジョンはある。だが、10年後あるいは20年後に、夢の実現した未来が見えるかと問われたら、イエスとは答えられない。曖昧な未来が見えるだけだ。

手に入れたい未来があるなら、まずやるべきことは、明確なビジョンを持つことだ。ピートに倣うならば「夏への扉」は必ずあると信じることだ。

スポンサーリンク

本の紹介

ダンは一流の技術者だが、人を見る目はないらしい。1970年、親友と恋人にこっぴどく裏切られ、失意のどん底に落とされたダンは、コールドスリープ(冷凍睡眠)で長い眠りにつくことを決意する。

30年間の眠りのあとで、ダンを待っていたのは、彼の発明したフランクの子孫!
より技術が進化した素晴らしき2000年!
しかし、眠りにつく前に期待していたような安らぎはそこにはなかった。ダンは、失った大切なものを取り戻すことを決意する。これは、時間を超えたSFエンターテイメント。

まず言いたいのは、時間が深い哀しみを癒すとしても、コールド・スリープ(長期低体温法睡眠)を逃避行の手段にするのは、間違っている。過去に絶望だけを置いてくることはできないのだ。

だからといって、これは抗えない絶望の物語ではない。未来への希望の物語だ。

未来を知ることができれば、間違いのない選択ができる。
はじめからレースの結果を知っていれば、当たり馬券を買うことができるように。

2020年を過ぎたいまも、コールド・スリープやタイムスリップは、まだまだ未来の技術だが、ダンのように直接未来を目にすることはできなくても、私たちには未来をイメージする力はある。

まるで実際に見てきたように、叶えたい未来を思い描くことができたら、そのために何をすべきか見えてくるはず。あとは、ひとつづつ問題を解決していくだけ。物語の中で、ダンがそうしたように。一歩一歩を確かなものにできれば、思い描いた未来は必ず実現できるのだと、物語の中でダンが証明している。自分にとって大事なものを見失わないことが、大事だ。

夏への扉はきっとある。
扉にあてた手のひらに、じんじんと熱が伝わる。隙間から流れるむんとした匂い、セミの声。その向こうに確かな夏を思い描くことができれば、扉の向こうはきっと夏だ。

最後にひとこと。
アラジン自動機械工業株式会社様、おそうじガールの一刻も早い実現化を待っています!

本をチェックする

・世界中にファンをもつ、人気の高い名作SF小説
・アメリカのSF作家ロバート・A・ハインラインが1956年に発表した初期のタイムトラベル小説
・人気映画『バック・トゥ・ザー・フューチャー』をはじめ、多くのタイムトラベル作品が影響を受けている

イメージしていたような難しさはなく、すんなりとストーリーに入り込んだ。SFはあまり読まないという人にもおすすめ。70年も前に書かれた作品とは思えないほど、読みやすいのは翻訳者のおかげでもあるはず。
だれにも等しく与えられる時間の概念そして愛、希望、人生における普遍的なテーマは、時代を超えて愛される理由だとわかる。

夏への扉 新版 (ハヤカワ文庫SF)
早川書房
ロバート・A・ハインライン (著), まめふく (イラスト), 福島 正実 (翻訳)

出版社 ‏ : ‎ 早川書房; 新版
発売日 ‏ : ‎ 2020/12/3
文庫 ‏ : ‎ 416ページ

「BOOK」データベースより
ぼくの飼い猫のピートは、冬になるときまって「夏への扉」を探しはじめる。家にあるドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。そして1970年12月、ぼくもまた「夏への扉」を探していた。親友と恋人に裏切られ、技術者の命である発明までだましとられてしまったからだ。さらに、冷凍睡眠で30年後の2000年へと送りこまれたぼくは、失ったものを取り戻すことができるのか──新版でおくる、永遠の名作。

この本もおすすめ

文芸(一般)
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント