石田衣良『4TEEN』~14歳ぼくたちの「いま」

4TEEN
  • 【BOOKS雨だれ】中学生におすすめ50冊!
  • 東京・月島にくらす男子中学生たちのいまを描く直木賞受賞作
スポンサーリンク

あらすじ

ダイ、ジュン、ナオト、そしてテツローの4人は、東京・月島に暮らす中学2年生。ごくふつうの14歳たちのきらめくかけがえのない「いま」を描く直木賞受賞作。

春休み、ナオトは入院した。ナオトの髪は白く、顔や手や首筋にはしわがある。通常の人の何倍もの速さで年をとっていくウェルナー症候群という病気を抱えている。体は年を取っていてみんなよりも何倍も長生きしているように見えるけれど、心はみんなと同じ14歳だ。もうすぐ誕生日を迎えるナオトのために3人は、とびきりのプレゼントを思いつく。 ぼくたち三人の若さを三分の一ずつ集めて、プレゼントできればいいのに。そうすればぼくも中学生をすぐにやめられる。

勉強のできる子、スポーツが得意な子、お金持ちの子…世の中は不平等にできているように見える。けれどみんなに等しく与えられているものもある。「時間」だ。

残された時間が少ない友だちに自分の時間を分けてあげることができたら、と彼らは考える。そうして自分の時間も早く進めることができたらいいのに、と。残念だけれど、それはできない。物語は「いま」が永遠でないことを語る。だからこそ、彼らが迷いながら笑える「いま」が愛おしく輝く。

かけがえのない1日をどう過ごすか、少なくとも私たちは、自分で選ぶことができる。

森絵都さんのレビュー

僕らは僕ららしくしか生きられない! 十四歳、月島青春ストーリー。|新潮社

おすすめポイント(受賞歴)

第129回直木賞受賞

ドラマ「4TEEN」

Primeビデオで視聴する

huluで視聴する

2004年WOWOW「ドラマW」にて放送。

【監督】廣木隆一

【キャスト】角田紳太郎、柄本時生ほか
芸術祭優秀賞、2005年日本民間放送連盟賞最優秀賞など受賞した話題作。

また、韓国でもドラマ化放送されています。

著者プロフィール

石田衣良
1960年、東京都生まれ。
広告制作会社を経て、フリーランスのコピーライターに。
1997年「池袋ウエストゲートパーク」でオール読物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。『うつくしい子ども』『約束』『ブルータワー』など社会的事件を題材にした作品も。

【受賞歴】
『4TEEN』直木賞
『北斗ある殺人者の回心』第8回中央公論文芸賞受賞
石田衣良の本をチェックする

本をチェックする

4TEEN (新潮文庫)
新潮社
¥562(2019/09/29 20:47時点)

*もくじ*

びっくりプレゼント/月の草/飛ぶ少年/十四歳の事情/大華火の夜に/ぼくたちがセックスについて話すこと/空色の自転車/十五歳への旅/あとがき

YA文学
スポンサーリンク
**フォローする**
ブックス雨だれ店主
ゆう

好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。
ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
BOOKS 雨だれ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています