重松清『十字架』~背負わされた十字架の重み

重松清『十字架』
  • 中高生に読んで欲しい「いじめ」をテーマにした本
  • 映画化。吉川英文学賞受賞

あらすじ

<親友になってくれてありがとう>と、ぼくの名前を書きのこし、あいつは自殺した。

遺書に残された名前は4つ。

いじめをしていた三島と根本、フジジュンが好意を寄せていた中川さん、それからぼく。

でもぼくは、フジジュンのことを親友だと思ったことはなかった。「親友だったら、なんで助けなかった」とあのひとに言われても、何も言い返せない。なぜフジジュンは、ぼくの名前を遺書に書きのこしたのか?いじめを止めることのなかったぼくたちには、この時まだ、自分が背負わされた十字架の重さに気づいていなかったー。

失う苦しみよりも重い十字架を、知っているだろうか。

許されないことの苦しみを背負い続けることのないように。

十字架の重みは、それを背負ったことのある者にしかわからない。

胸に刺さった傷は、すごく痛くて、なかなか立ち直れなかったり、致命傷になることだってあるけれど、生きていればいつか癒すこともできる。

誰かを失ってしまった十字架は、一度背負ってしまったらもう降ろすことはできない。歩いているかぎり、生きているかぎり、本当に降ろしてしまうことはない。

ブックデータ

十字架 (講談社文庫)
講談社
¥713(2020/01/29 06:25時点)

吉川英文学賞受賞

映画「十字架」原作

2016年2月劇場公開

【監督】五十嵐匠
【出演】小出恵介、木村文乃、富田靖子、永瀬正敏

著者プロフィール

重松清
1963年岡山県生まれ。
出版社勤務を経て、1991年『ビフォア・ラン』でデビュー。学校を舞台に10代の心情を描いた小説も多く、多くの作品が映画化やドラマ化されベストセラーを生み出している。国語入試問題によく出典される作家としても、10代にお薦めしたい作家。
【主な受賞歴】
『ナイフ』坪田丈二郎文学賞受賞
『エイジ』山本周五郎賞受賞
『ビタミンF』直木賞
『十字架』吉川英治文学賞
重松清の本をチェックする

おすすめの本をチェック

重松清さんの話題作・新刊を紹介します。

木曜日の子ども
KADOKAWA
¥1,870(2020/01/27 22:41時点)
ニワトリは一度だけ飛べる (朝日文庫)
朝日新聞出版
¥748(2020/01/27 22:41時点)

本の感想おすすめレビューをお待ちしています