『国境を越えて―戦禍を生きのびたユダヤ人家族の物語』

『国境を越えて』
  • 10代に読んで欲しい実話を基にした絵本
  • 第二次世界大戦を舞台に戦争と平和について考える物語
  • 高学年・中学生のよみきかせにも
スポンサーリンク

迫害を逃れて海を越えた一家の真実の物語

「ぼくたち、どこにいけばユダヤ人のままでいられるの」
1939年春リトアニアに暮らすカプラン一家はナチス・ドイツの迫害を逃れてカナダへ移住する旅をはじめました。地球の4分の3の距離を移動するこの旅はシベリア鉄道に乗りソ連・日本と国境を越えて、1年半にもおよびました。幸運にも、カプラン一家は無事にカナダにたどり着き、移住することができましたが、旅の途中で財産を奪われ、友人を失いました。国を出ることを許されなかった多くのユダヤ人たちは、命を失いました。

著者は、物語の中で登場する息子イーゴル・カプランの息子さんで、この絵本は実話をもとに描かれています。絵本のジャンルにありますが、当時の写真や日本への入国を認められたビザもそのまま載せられていて、社会資料としても読めます。

ユダヤ人迫害の時代背景を読むきっかけとしておすすめできる1冊です。

ブックデータ

大型本: 59ページ
出版社: BL出版
ISBN-13: 978-4892385971
発売日: 2001/08

あわせて読みたい

絵本
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント