坂木司『和菓子のアン』

『和菓子のアン』
  • 和菓子屋で謎を解決!ほっこりミステリー
  • おいしい本が読みたい人、お茶とお菓子を準備してから読み始めてね
スポンサーリンク

本の紹介(あらすじ)

梅木杏子(アンちゃん)は、食べることが大好きな色白ぽっちゃり系の18歳。

高校卒業後、やりたいことが見つからなかった彼女が、アルバイト先に選んだのは、デパート地下の和菓子屋さん。賭け事大好き頼れる上司の椿さん、乙女系イケメン男子の立花さんなど、一風変わった同僚に囲まれながら、和菓子を取り巻く小さなミステリーが起こります。ミステリーなのにほっこりと温かい。

かつてスーパー地下で和菓子屋のアルバイト経験のある私には、ちょっと身近でなつかしい気持ちになった。
「赤毛のアン」をもじったようなタイトルもいいですよね。
人気では洋菓子に押されてる和菓子ですが、日本古来の日本の風土に合ったお菓子として、いま世界でも注目されているんですよ。
文中に「和菓子は俳句と似ている」というフレーズも登場しますが、ひとつひとつのお菓子の中に物語があり、それを読み説く面白さは、まさに、この本の魅力に通じます。読みながら、絶対、和菓子が食べたくなる。
ぜひ、熱いお茶と和菓子を準備してね。

本をチェックする

文庫: 405ページ
出版社: 光文社
ISBN-13: 978-4334764845
発売日: 2012/10/11

私立中学校国語入試問題に出典
『和菓子のアン』の続編『アンと青春』が国語入試問題に出典されました。
【2017年】文化学園大学杉並中学校

続けて読みたいおすすめの本

続編のほか、坂木司さんの『和菓子のアン』を原作に、猪狩そよ子が漫画化。アンちゃんが原作のイメージどおりでかわいくて、ほっこりします。


和菓子好きな坂木司さんがセレクトする『和菓子のアンソロジー』も、甘いもの好きさんにおすすめですよ。

ほっこりおいしいミステリーが読みたいなら、坂木司さんの『和菓子のアン』がおすすめ。読む前に注意してほしいのは、絶対に甘いものが欲しくなるから、この本を読むときは先に和菓子屋さんで生菓子でも買ってきて、熱い緑茶を淹れてどうぞ。

面白かったらこの本もおすすめ
文芸(一般)
この本の担当者
ゆう

「おいしいごはんと本があれば人生はぐんと豊かになる」
食べることと読むことが好きです。
学校図書館(小・中・大学)で働く本好き。よみきかせ、図書ボランティアなど子どもと本をつなぐ"みーとぶっくす"活動がライフワーク。本を通して人と人がつながることのお手伝いができたらうれしいです。
2021年、小さな移動本屋さんはじめました。(Instagram)

■▢フォローする▢■
〇●〇●この記事をシェア●〇●〇
■▢フォローする▢■
スポンサーリンク
ブックス雨だれ

コメント