『神谷美恵子 ハンセン病患者と歩んだ命の道程』~中学生に読んで欲しい伝記

神谷美恵子
【BOOKS雨だれ】中学生におすすめ50冊
福祉・人権・ハンセン病について知る
読書感想文にもおすすめの本

瀬戸内海に浮かぶ小さな島・長島。ここには、ふたつの国立ハンセン病療養施設があります。長島愛生園は、1930年に日本で最初に設立されたハンセン病療養所。

療養所には現在も200名ほどの方が暮らし、事務本館は長島愛生園歴史館として公開され、ハンセン病の歴史を知り人権問題について考える場として多くの人が訪れています。

日本において、ハンセン病の歴史は悲しみの歴史でした。

ハンセン病患者の多くは間違った知識による偏見と差別から心に傷を負いました。故郷や家族から遠く離れた島で、生きる希望を失い日々暮らす人々の心のケアに取り組んだひとりの医師がいました。神谷美恵子さんです。

スポンサーリンク

ハンセン病患者の心の痛みを支える

ハンセン病は、末梢神経が麻痺する病気です。感染病ですがその感染力は弱く、現在は特効薬プロミンのおかげで完治することができます。この病気の怖いところは、神経の麻痺により痛みを感じない点です。怪我や火傷の症状が重症化し、失明や手足や顔に変形の跡が残されることで、偏見や差別につながりやすかったのでしょう。

当時、国は「県からハンセン病をなくすこと」を目的とした取り組みを広げ、人々はハンセン病に対する差別を強めていきました。ハンセン病患者は、遠く離れた療養施設へと強制的に連れていかれました。家族にハンセン病患者がいることがわかると、追い詰められて、一家で命を断つこともあったといいます。それほどに偏見や差別が耐えがたいものだったのでしょう。すべては、ハンセン病という病気について正しい知識を持たなかったことが原因です。

こうした偏見や差別に心が傷つき、精神の病を抱える患者も少なくありませんでした。精神病を患った人は療養所内でもさらに差別を受け、適切な治療を受けることはできませんでした。ハンセン病患者の心のケアのために島へ治療に出向こうという精神科医がいなかったのです。

神谷美恵子は、それまで見向きされることのなかったハンセン病患者の心の病と向き合い、彼らの治療に取り組みました。患者の声に静かに耳を傾け、ひとりの人間として向き合うその姿に、多くの患者が心を開きました。

生きがいとは

戦後、特効薬が使えるようになりハンセン病は治る病気となりました。しかし、一度貼られた偏見と差別のレッテルは、簡単には消えません。そんな社会背景の中で、ふたりの子の母でもある神谷美恵子さんが、ハンセン病患者の治療のために定期的に療養所へ通うことは、決して容易なことではなかったはずです。

それほどまでに献身的にハンセン病と向き合おうとする彼女の心を動かしたものは何だったでしょうか。

彼女の生まれは恵まれたものであったかもしれませんが、常にどこか孤独や悲しみがあり、あるいは満たされないものを抱えていました。(詳しくは本を読んでみてください)

社会から不当に疎外されているハンセン病患者の苦しみは、彼女自身が経験した深い喪失感や孤独に共鳴したのかもしれません。そして彼女がたどり着いた「生きる意味」がそこにあったのだと思います。

神谷美恵子は、精神科医だけでなく作家として著書を出版しています。

『生きがいについて』『人間をみつめて』『こころの旅』など、いずれもハンセン病患者と触れ合い感じたこと考えたことをまとめたものです。

「なぜわたしは生きるのだろうか」

「生きる意味がわからない」

そんな悩みにぶつかる人は、少なくないでしょう。そんな人の心にもそっと寄り添ってくれるような本です。

読書感想文にもおすすめ

大谷美和子さんの『神谷美恵子 ハンセン病と歩んだ命の道程』は、読書感想文にもおすすめです。小学校高学年から読める文章ですが、ハンセン病の偏見や差別の歴史を深く理解できる中学生から高校生に読んで考えて欲しい1冊です。

ハンセン病について直接話を聞く機会はあまりないと思います。ハンセン病についてもっと知りたい人におすすめの本をいくつか紹介します。知ることは大切なことです。これをきっかけに読書の幅を広げてみませんか。

■ハンセン病についての本■

  

■神谷美恵子さんの著書■

  

あなたにおすすめブックリスト

コメント