東北のこれまでとこれからを考える~山内明美『こども東北学 よりみちパン!セ』

『こども東北学』 ノンフィクション
中学生におすすめよりみちパン!セシリーズ
東北について知る本
震災・復興について考える本
スポンサーリンク

東北を再認識

2011年の東日本大震災以来、東北は日本だけでなく世界から注目されている地域となりました。

この震災からいかにして復興を成し遂げるかという大きな課題は、飛躍へのチャンスととらえることもできます。東北のよさを生かし、よりよい「東北」になるために、どんな未来を目指したらいいのか。

日本において「東北」とはいかなる存在なのか。

これからの復興を担う、東北の子どもたちには必読書です。読書感想文の課題図書よりも、こっち読もう。

日本の歴史の前に、東北の歴史も知っておこう。

「なに? テストに出ねぇがら、いらねってが!?

まんず、読んでみろ。」

(追記)↑なんてことを書いていたら、テストにも出たんですね。

 

著者・山内明美さんは宮城県生まれ、三陸育ち。慶應義塾大学環境情報学部卒業。現在、一橋大学大学院言語社会研究科博士課程在学中。本の中でも少し触れていますが、高卒後すぐに大学で学んだのではなくて、一度地元でお仕事をされてるんですね。その経験が、東北について学ぶ大きなきっかけの一つになっているそうです。

*本をチェックする*

こちらの記事も読まれています

中学生・高校生に読んで欲しい東日本大震災を描いた小説・ノンフィクション
東日本大震災を作家たちは、どう受け止め、どう表現したのか。震災を記録したノンフィクション・小説の中から中学生・高校生に読んで欲しい本を紹介します。

コメント