河合 二湖『深海魚チルドレン』~だれにも話せない悩みと向き合う

YA文学

  • 中学生の女の子におすすめ
  • 人に話せない悩みを抱えている人に
スポンサーリンク

誰にも話せない悩み

真帆は、中学に入学にしてから「尿意」に悩まされていた。休み時間にきちんとトイレに行くのに、授業の1時間が長くて我慢が出来なくなる。だれにも相談できずに、ひとりで悩みを抱えていた。
ある日、公民館に出かけた時のこと、丘の裏に立つ小さな喫茶店“深海”を見つけて… 。

トイレが近い子だった私は、真帆の悩みがよくわかる。体質なのだと割り切るようになってからは、悩みは「ちょっと困ったこと」と捉えられるようになり、だいぶ心が軽くなりました。
まわりの人から見たら「悩み」にもならないだろう、そんな風に悩みを抱えている人はいるのではないでしょうか。「気のせい」だとか「そんなことで悩んでるの?」なんて言われるんじゃないかと思うと、人には相談できなかったりする、真帆はそんな女の子です。

だれもが明るいところに行きたいわけじゃない。
深海が落ち着く、深海でしか生きれない人もいる。

理解してくれる人の存在って大切です。

本をチェックする

著者・河合二湖

第49回講談社児童文学新人賞を受賞した『バターサンドの夜』でデビュー。中学生の女の子に読んで欲しいおすすめの作品が多いです。

*おすすめの本*

向かい風に髪なびかせて

コメント