ヨナス・ヨナソン『国を救った数学少女』

国を救った数学少女 小説文学
本屋大賞・翻訳部門第2位!
世界をめぐる長編小説
ヨナス・ヨナソン期待の第二弾
アフリカ生まれの聡明でキュートな女の子・ノンベコ。彼女は世界平和を脅かし、さらに世界を救う!?ユーモアたっぷりのドタバタ劇場
スポンサーリンク

家もお金もない。でも爆弾がある!?

1960年代。物語の主人公・ノンベコは南アフリカ生まれの少女。貧民街に暮らし、し尿処理場で働く14歳。

学校には通っていなかったが(それは貧民街に暮らすほかの多くの少年少女と同じように)、彼女には数学の才能に長けていた。そのため、このし尿処理場の新しい所長になる!?(なぜなら、ほかに計算のできるような人はいなかったから)

14歳の女の子が所長!?

しかし、これはノンベコの壮大でものすごく危険な旅の序章にすぎない。

家もお金も家族もいなくなってしまったノンベコは、だれかの手を借りてほったて小屋を建てて、だれかの14個ものダイヤモンドを手に入れ、しまいにはどこかの原子爆弾まで拾ってしまう( ゚Д゚)

ひとりぼっちのはずのノンベコの周りには、いつもおかした人たちが集まってくる。

某国の諜報員を煙に巻き、実在しないはずの双子や怒れる女の子・セレスティン、はては国王まで巻き込んで、世界の歴史を股にかけ、次々と突拍子もないことが起こっちゃう。これはもうドタバタコメディ。

笑えないのは、彼女の手には、地球が吹っ飛ばす威力を持った原子爆弾が握られているということ。

果たして、持ち前の賢さとキュートさでノンベコは世界平和を守れるのか?

私たちの未来はノンベコの手に!!

って、いま無事ってことはなんとか解決できたってことなんだよね。

ん?

デビュー作『窓から逃げた100歳老人』が世界中で1,000万部を突破した注目の作家・ヨナス・ヨナソンの第二弾。2016本屋大賞〈翻訳部門〉第2位期待を裏切らないユーモラスで痛快な物語。

こちら、本は途中で挫折したままだけど、映画はすごく面白かった( *´艸`)『国を救った数学少女』も映画化を期待しちゃうな。

ブックデータ(受賞歴ほか)

◇2016本屋大賞〈翻訳部門〉第2位

本をチェックする

コメント